クロルフェネシン

出典: meddic

chlorphenesin
カルバミン酸クロルフェネシン chlorphenesin carbamateクロルフェネシンカルバミン酸エステル
カルソントコリクールコリスパースールキットリンラキサー


和文文献

  • 高速液体クロマトグラフィーによる化粧品中の防腐剤クロルフェネシンの定量
  • 五十嵐 良明,宮澤 法政,島村 公雄
  • 国立医薬品食品衛生研究所報告 (127), 50-53, 2009
  • NAID 40016925882

関連リンク

化粧品の成分表示名称「クロルフェネシン」の情報です。
リンラキサーとは?クロルフェネシンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べ られる(おくすり110番:薬事典版)

関連画像

クロルフェネシン  クロル フェ ネシン tea 水酸化 k/ クロルフェネシン クロルフェネシン 硫酸、クロルフェネシン クロル フェ ネシン

添付文書

薬効分類名

  • 筋緊張性疼痛疾患治療剤

販売名

クロルフェネシンカルバミン酸エステル錠125mg「NP」

組成

有効成分(1錠中)

  • 日本薬局方 クロルフェネシンカルバミン酸エステル 125mg

添加物

  • 結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースカルシウム、ステアリン酸マグネシウム、D-マンニトール、軽質無水ケイ酸、硬化油

禁忌

  • 本剤の成分及び類似化合物(メトカルバモール等)に対し、過敏症の既往歴のある患者
  • 肝障害のある患者[Modern Drug Encyclopedia、13th Ed. 155(1975)に投与禁忌として記載され、これに準拠した。]

効能または効果

運動器疾患に伴う有痛性痙縮

  • 腰背痛症、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊椎分離・辷り症、脊椎骨粗鬆症、頸肩腕症候群
  • 通常成人1回クロルフェネシンカルバミン酸エステルとして250mgを1日3回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝障害の既往歴のある患者(「禁忌」の項参照)
  • 腎障害のある患者[The United States DISPENSATORY, 27th Ed.301(1973);MARTINDALE The Extra Pharmacopoeia, 26th Ed. 1891(1972)に注意して投与せよと記載され、これに準拠した。]

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)

(頻度不明)

  • 中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 脊髄の多シナプス反射経路中の介在ニューロンを選択的に抑制することによって骨格筋の弛緩をもたらすので、中枢性筋弛緩薬と呼ばれる。臨床的には、腰痛等の治療補助薬として用いられる。4)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • クロルフェネシンカルバミン酸エステル(Chlorphenesin Carbamate)

化学名

  • (2RS)-3-(4-Chlorophenoxy)-2-hydroxypropyl carbamate

分子式

  • C10H12ClNO4

分子量

  • 245.66

融点

  • 88〜91℃

性状

  • ・白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    ・メタノール、エタノール(95)又はピリジンに溶けやすく、水に溶けにくい。
    ・エタノール(95)溶液(1→20)は旋光性を示さない。


★リンクテーブル★
先読みchlorphenesin carbamate
リンク元骨格筋弛緩剤」「chlorphenesin」「コリクール」「カルソント」「コリスパー
拡張検索カルバミン酸クロルフェネシン」「クロルフェネシンカルバミン酸エステル
関連記事クロル

chlorphenesin carbamate」

  [★]

chlorphenesin


骨格筋弛緩剤」

  [★]

筋弛緩薬鎮けい剤

商品


  • アフロクアロン
  • クロルフェネシン:脊髄の多シナプス反射経路中の介在ニューロンを選択的に抑制することにより骨格筋の痙縮を緩解する。除脳固縮(γ-固縮)及び貧血性除脳固縮(α-固縮)を共に緩解する。
  • チザニジン:チザニジンは中枢性のアドレナリンα2作動効果を有し、脊髄及び脊髄上位中枢に作用して、固縮緩解作用、脊髄反射抑制作用等の筋緊張緩和作用を有する。
  • エペリゾン:脊髄において単及び多シナプス反射を抑制すると共に、γ-運動ニューロンの自発発射を減少させ、筋紡錘の感度を低下させることで、メフェネシンよりも強力な骨格筋弛緩作用を発揮する。また、中脳毛様体及び後部視床下部を介する脳波覚醒反応を抑制する作用や、血管平滑筋のCa2+チャネル遮断や交感神経活動の抑制を介して、皮膚・筋や脳への血流量を増大させる作用もある。脊髄レベルにおける鎮痛作用も有する。3)


chlorphenesin」

  [★]

クロルフェネシン

chlorphenesin carbamate


コリクール」

  [★] クロルフェネシン


カルソント」

  [★] クロルフェネシン


コリスパー」

  [★] クロルフェネシン


カルバミン酸クロルフェネシン」

  [★] クロルフェネシンカルバミン酸エステル


クロルフェネシンカルバミン酸エステル」

  [★] クロルフェネシン


クロル」

  [★]

chlor
塩素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3