クロストリジウム・ディフィシレ遺伝子検査

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

流行は? クロストリジウム-ディフィシル(あるいはクロストリジウム-ディフィシレ)感染症(Clostridium difficile infection:CDI)については、病院・老人施設等における入院患者・入居者等での集団発生が見られることがあります。
クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染の診断における遺伝子検査 陽性の臨床的意義 ... 英国保健省は 2011 年、クロストリジウム ・ディフィシル(Clostridium difficile)感染をより正確に診断するために、2 段階の検査法 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事遺伝子検査」「遺伝」「検査」「遺伝子」「クロス

遺伝子検査」

  [★]

genetic test genetic testing


意義

現在ヒトゲノムは解析されて、数多くの疾患に寄与する遺伝子が発見されている。遺伝子を解析することで、患者がどのような病気になりやすく、どのような薬が効きやすいのかといったことがわかるようになってきた。これはより患者それぞれに沿った治療が行えるようになることを意味している。また、PCR法を用いれば、ごく少量のウイルスや細菌を発見することができる。

方法

ターゲットとなる遺伝子の配列のはじめとおわりの塩基配列をプライマーとして試料に加え、DNAポリメラーゼを加え、95℃10秒、55℃15秒、72℃20秒のサイクルを30回繰り返す。これにより目的の塩基配列のDNAが増幅される。

注意

PCR法は非常に感度がよいので、検体に検査者のつばなどがわずかに混入しただけでも、混入したものまで増幅してしまう可能性がある。したがってコンタミネーションには細心の注意を払わなければならない。


遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。



検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


遺伝子」

  [★]

gene
遺伝因子 genetic factor
ゲノム genome
  • 生物の遺伝情報を担う主要因子
  • 全ての生物の情報は、DNAからなる塩基配列にコードされている



クロス」

  [★]

crosscrossreactcrosslink
横断架橋交差交差反応交雑交雑種通過




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡