クリック徴候

出典: meddic

click sign
オルトラーニ・クリック徴候 Ortolani click sign


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

新生児・乳児においては、医師が視診で下肢の動き、皮膚のしわ、角度、長さの左右差、触診で股関節の開排(外側へ広げる)制限やクリック(骨頭が寛骨臼内に戻された時の音)を認めることにより診断され、乳児健診における重要 ...
・ クリック徴候 ( click sign )・・・脱臼時、脱臼整復時に用いる 1) Ortolani (オルトラーニ) 法 新生児は仰臥位とし、検診肢位は両股関節屈曲 90 、膝関節完全屈曲位に保持し、 検者の母指を大腿内側に、他の指を大腿 外側に置き ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みOrtolani click sign
拡張検索オルトラーニ・クリック徴候」「オルトラーニクリック徴候
関連記事クリック

Ortolani click sign」

  [★] オルトラーニ・クリック徴候


オルトラーニ・クリック徴候」

  [★]

Ortolani click sign
クリック徴候

オルトラーニクリック徴候」

  [★]

Ortolaniclick  sign


クリック」

  [★]

ワトソン・クリックのDNAモデル





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡