クリスタリン

出典: meddic

()


crystallin


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/05/20 22:04:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 眼科医のための先端医療(第135回)眼内血管新生の治療標的としてのクリスタリン蛋白
  • αクリスタリンにおける異性化アスパラギン酸残基の分子内環境 (京都大学原子炉実験所第46回学術講演会報文集)
  • 喜田 昭子,清水 健一,藤井 紀子 [他]
  • 京都大学原子炉実験所学術講演会報文集 46(-) (-), 218-220, 2012-01
  • NAID 40019175119

関連リンク

クリスタリン(Crystallin)は、動物の眼のレンズに当たる器官、水晶体に存在する タンパク質の一種。重量にして水晶体の1/2〜1/3を占める。ほ乳類の場合、α-、β-、γ-の 3種のタンパクの混合物である。 もともとは異なった用途に使われており、ホヤの中枢 神経系に ...
3M™ スコッチティント™ オートフィルム クリスタリンシリーズは200階層の薄膜積層 フィルム。太陽光線の暑さ成分を効果的に取り除きます。

関連画像

オムニアクリスタリン クリスタリン オーデトワレ 25MLクリス タリン クリス タリン  ) プードゥルクリスタリンオムニア クリスタリン オード オムニア クリスタリン

添付文書

薬効分類名

  • 外用合成副腎皮質ホルモン剤

販売名

グリジール軟膏0.05%

組成

※※成分・含量(1g中)

  • クロベタゾールプロピオン酸エステル

※※添加物

  • ソルビタンセスキオレイン酸エステル、プロピレングリコール、ワセリン

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬・けじらみ等)

  • [感染を悪化させるおそれがある]

本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎

  • [穿孔部位の治癒が遅れるおそれがある。また、感染のおそれがある]

潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷

  • [皮膚の再生が抑制され、治癒が著しく遅れるおそれがある]

効能または効果

  • 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、日光皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、掌蹠膿疱症、乾癬、虫さされ、薬疹・中毒疹、ジベルばら色粃糠疹、慢性円板状エリテマトーデス、扁平紅色苔癬、紅皮症、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、アミロイド苔癬、天疱瘡群、類天疱瘡(ジューリング疱疹状皮膚炎を含む)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、円形脱毛症(悪性を含む)
  • 通常1日1〜数回適量を塗布する。なお、症状により適宜増減する。

重大な副作用

  • 眼瞼皮膚への使用に際しては、眼圧亢進、緑内障、白内障を起こすことがあるので注意すること。大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により緑内障、白内障等の症状があらわれることがある。

薬効薬理

※生物学的同等性試験1)

====Cotton pellet肉芽腫法

==

  • SD系雄性ラット( 1 群10匹)を用いたCotton pellet肉芽腫法で、肉芽増殖抑制効果を検討した結果、グリジール軟膏0.05%と標準製剤(軟膏、0.05%)間、またグリジールクリーム0.05%と標準製剤(クリーム、0.05%)間に有意差は認められなかった。

====Carrageenin足浮腫法

==

  • Wistar系雄性ラット( 1 群20匹)を用いたCarrageenin足浮腫法で、Carrageenin誘発足浮腫抑制効果を検討した結果、グリジール軟膏0.05%と標準製剤(軟膏、0.05%)間、またグリジールクリーム0.05%と標準製剤(クリーム、0.05%)間に有意差は認められなかった。 


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • クロベタゾールプロピオン酸エステル
    (Clobetasol Propionate)

化学名

  • 21-chloro-9-fluoro-11β,17-dihydroxy-16β-methylpregna-1,4-diene-3,20-dione 17-propionate

分子式

  • C

25 H 32 ClFO 5

分子量

  • 466.98

性状

  • 本品は白色〜淡黄色の結晶性粉末で、においはなく味もない。
    本品はアセトン、クロロホルム又はジオキサンに溶けやすく、メタノール又はエタノールにやや溶けやすく、水にはほとんど溶けない。

融点

  • 193〜200℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元水晶体タンパク質
拡張検索βクリスタリン」「α-クリスタリン
関連記事リン」「リス

水晶体タンパク質」

  [★]

lens protein
クリスタリン

βクリスタリン」

  [★]

beta-crystallin
β-クリスタリン


α-クリスタリン」

  [★]

alpha-crystallin
αクリスタリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡