クラーレ様物質

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クラーレ様物質及びその拮抗剤

関連リンク

臨床症状・措置方法: 相互に作用が増強されることがあるので、このような場合は減量 するなど慎重に投与すること。 機序・危険因子: 本剤およびこれらの薬剤の中枢神経 抑制作用による。 2. 薬剤名等クラーレ様物質. 臨床症状・措置方法: 相互に作用が増強 され ...

関連画像

さて、化学的に見ると


★リンクテーブル★
リンク元非脱分極性筋弛緩薬」「脱分極性遮断
関連記事クラーレ」「物質」「

非脱分極性筋弛緩薬」

  [★]

nondepolarizing muscle relaxant non-depolarizing muscle relaxant
競合的神経筋遮断薬 competitive neuromuscular blocker競合的筋弛緩薬 competitive muscle relaxant非脱分極性神経筋遮断薬 non-depolarizing neuromuscular blocker非脱分極性遮断薬 nondepolarizing blocking drugsクラーレ様作用薬 curarimimeticクラーレ様物質
脱分極性筋弛緩薬筋弛緩薬、Train of four monitor、脱分極性遮断薬神経筋接合部遮断薬
[show details]


  • ニコチン性アセチルコリン受容体にアセチルコリンと競合的に結合することで、アセチルコリンの受容体結合を阻害
  • 脱分極させることなく、アセチルコリンと競合してアセチルコリン結合部位への結合を妨げる。
  • 重症筋無力症の場合、(競合してAch受容体を奪うため)少量の非脱分極性筋弛緩薬でも筋弛緩が出現 (SPC.169)

拮抗薬



脱分極性遮断」

  [★]

depolarizing block, depolarizing blocking
クラーレ様物質

クラーレ」

  [★]

curare
神経筋接合部
curarium
  • アセチルコリン受容体に結合
  • アセチルコリンが受容体に結合するのを阻害し、筋を麻痺させる



物質」

  [★]

substancematerialmatter
実体問題問題になる材料重要なこと事項サブスタンス

質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡