クラスリン

出典: meddic

clathrin


  • 被覆小胞の表面を被う格子状殻構造の構成蛋白質


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/04 01:15:27」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 細胞膜剥離法で明らかになる培養破骨細胞の接着側細胞膜面の裏打ち構造
  • 2K1636 走化性運動中の粘菌細胞におけるクラスリン依存性エンドサイトーシス(細胞生物的課題2,第49回日本生物物理学会年会)
  • Yoshida Kunito,Merrifield Christien
  • 生物物理 51(SUPPLEMENT_1), S94-S95, 2011-08-15
  • NAID 110008903316
  • エンドサイトーシスによる受容体シグナルの制御とがん
  • 十島 純子,十島 二朗
  • 最新医学 65(4), 931-939, 2010-04-00
  • NAID 40017062810

関連リンク

クラスリン (clathrin) は細胞外マトリクスの分子をエンドサイトーシスにより取り込まれる 際に形成される、エンドソーム外側を形作る骨格となるタンパク質である。クラスリン分子 は三脚巴構造 (triskelion) を取り、エンドソーム形成時は、複数のクラスリンが重合し ...
蛋白質のひもによる複雑な網細工と魅力的な対称性を持つクラスリン(clathrin)は あなたの注意を引くに違いない。この蛋白質の名前は、電子顕微鏡写真で見ると格子状 (clathrate)の外観をしていることにより1960年代に名付けられた。そして今日までこの ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元クラスリン・トリスケリオン」「クラトリン
拡張検索クラスリン被覆小窩」「クラスリン被覆ピット」「クラスリン媒介エンドサイトーシス」「クラスリン重鎖
関連記事リン」「クラス

クラスリン・トリスケリオン」

  [★]

clathrin triskelion
クラスリントリスケリオン
クラスリン、リスケリオン

クラトリン」

  [★]

[[]]
クラスリン
[[]]
クラスリン


クラスリン被覆小窩」

  [★]

clathrin-coated pit
クラスリン被覆ピットクラスリン被覆小孔


クラスリン被覆ピット」

  [★]

clathrin-coated pit
クラスリン被覆小窩クラスリン被覆小孔


クラスリン媒介エンドサイトーシス」

  [★]

clathrin-mediated endocytosis


クラスリン重鎖」

  [★]

clathrin heavy chain


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





クラス」

  [★]

class
種類部門分類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡