クライン

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/12 21:10:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ブロードブライト・サクラ・インダストリー・ベトナム 台湾企業を「水先案内人」に (特集 ベトナムで台湾と組む : 日台連携の可能性) -- (日台合弁企業に聞く)
  • Matrix LEDヘッドランプ : 走行安全性を向上させる新技術 (特集 最新の予防安全による安心,安全の向上)
  • クラインケス ミヒャエル,シュミット クリスチャン,ロッハー ユルゲン
  • 自動車技術 68(12), 81-85, 2014-12
  • NAID 40020284968
  • PRESIDENT グラクソ・スミスクライン代表取締役社長 フィリップ・フォシェ氏 マルチチャネル駆使の新世代MR像構築へ MR評価見直しで顧客満足度を指標に
  • フォシェ フィリップ,望月 英梨 [インタビュー]
  • ミクス 42(14), 38-40, 2014-12
  • NAID 40020283383

関連リンク

米国KleinTools社の正規代理店、美貴本の公式サイトです。プロ仕様の工具を本HP上で直接お求めいただけます。 米国クラインツールズ社の日本正規輸入元・発売元、MIKIMOTOの公式サイトです。プロ仕様の工具を本HP上で直接お求め ...
クラインは東京都、岩手県の金属加工会社です。対応材料はアルミ・ステンレス・チタン・マグネシウム・ニッケル・銅・鉄や難削材。石膏鋳造、ダイカストなど成形素材、メッキ、ろう付け、ビーム溶接、治具設計、水冷 ...

関連画像

クラインのアバター : ソード ユウキャンが選ぶ、夏アニメ クライン : ソードアート フェリックス・クラインクライン クライン折りたたみ  アートオンライン/クライン

添付文書

薬効分類名

  • 視床下部性 性腺機能低下症治療剤

販売名

ヒポクライン注射液1.2

組成

成分・含量

  • 1管(3mL)中 日局 ゴナドレリン酢酸塩 1.2mg

添加物 1管(3mL)中

  • 氷酢酸 0.18mg
    酢酸ナトリウム水和物 0.12mg
    D-ソルビトール 150mg
    その他の添加物としてpH調整剤(酢酸、酢酸ナトリウム)を含有する

禁忌

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者〔腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある。〕
  • アンドロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、前立腺癌)及びその疑いのある患者〔腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある。〕

効能または効果

  • 下記疾患における視床下部性性腺機能低下症
  • ・成長ホルモン分泌不全性低身長症(ゴナドトロピン分泌不全を伴う)
  • ・視床下部器質性障害
  • ・ゴナドトロピン単独欠損症
  • ゴナドレリン酢酸塩として通常1回10〜20μgを2時間間隔で1日12回皮下投与する。なお、12週間投与し、血中ゴナドトロピンあるいは性ホルモンの上昇がみられない場合は投与を中止する。

慎重投与

  • 子宮筋腫のある患者〔子宮筋腫の発育を促進するおそれがある。〕
  • 子宮内膜症のある患者〔症状が増悪するおそれがある。〕
  • 乳癌の既往歴のある患者〔乳癌が再発するおそれがある。〕
  • 乳癌家族素因が強い患者、乳房結節のある患者、乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者〔症状が増悪するおそれがある。〕
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある患者〔子宮内膜増殖症は細胞異型を伴う場合があるため。〕
  • 前立腺肥大のある患者〔前立腺肥大が増大するおそれがある。〕

薬効薬理

  • 下垂体前葉を刺激してゴナドトロピン(LH、FSH)の分泌を促進する。この結果、性ホルモンの産生・分泌を促し性腺機能の低下を改善する。

ゴナドトロピン分泌促進作用

  • 視床下部を障害した卵巣摘出アカゲザルへの1回6μg1時間間隔の間歇投与は血中ゴナドトロピンを上昇させその血中濃度を維持する。投与法を、持続注入に変更すると間歇投与により上昇していた血中ゴナドトロピンは下降するが、間歇投与の再開により血中ゴナドトロピンは再度上昇する。2)

排卵性月経の誘発作用

  • 思春期前の雌アカゲザルに1回6μg1時間間隔で間歇投与を継続したとき、血中ゴナドトロピンの上昇に伴い血中エストラジオール、血中プロゲステロンが上昇し、引き続き排卵性月経を誘起する。3)
  • 視床下部を障害した成熟雌アカゲザルに1回6μg1時間間隔で間歇投与を継続したとき、血中ゴナドトロピンの上昇に伴い血中エストラジオール、血中プロゲステロンが上昇し、引き続き排卵性月経を誘起する。4)

有効成分に関する理化学的知見

○分子式

  • C55H75N17O13・2C2H4O2

○分子量

  • 1302.39

○性状

  • ・白色〜微黄色の粉末で、においはないか、又はわずかに酢酸臭がある。
  • ・水、メタノール又は酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けにくい。
  • ・吸湿性である。
  • ・0.10gに水10mLを加えて溶かした液のpHは4.8〜5.8である。


★リンクテーブル★
リンク元Klein
拡張検索フランセスケッティ・クライン症候群」「クライン-ワールデンブルグ症候群」「イントラクライン
関連記事ライン

Klein」

  [★] クライネ、クライン

WordNet   license wordnet

「United States fashion designer noted for understated fashions (born in 1942)」
Calvin Klein, Calvin Richard Klein

WordNet   license wordnet

「German mathematician who created the Klein bottle (1849-1925)」
Felix Klein

WordNet   license wordnet

「United States psychoanalyst (born in Austria) who was the first to specialize in the psychoanalysis of small children (1882-1960)」
Melanie Klein


フランセスケッティ・クライン症候群」

  [★]

Franceschetti-Klein syndrome
トリーチャー・コリンズ症候群


クライン-ワールデンブルグ症候群」

  [★] クライン・ワールデンブルグ症候群


イントラクライン」

  [★]

intracrine
細胞内分泌


ライン」

  [★]

line
裏打ち系統




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡