クライストロン

出典: meddic

和文文献

  • 加速器駆動核変換システム用加速器の許容ビーム停止頻度の評価(4):クライストロン系のトリップ事象が従う確率密度関数の考察
  • 日本原子力学会 年会・大会予稿集 2012f(0), 112, 2012
  • NAID 130005051305
  • Ba含浸カソードを用いた電子管のイオン衝撃によるエミッション低下現象のシミュレーション(電子管と真空ナノエレクトロニクス及びその評価技術)
  • 電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス 111(248), 11-16, 2011-10-13
  • NAID 110008899878

関連リンク

世界大百科事典 第2版 クライストロンの用語解説 - 速度変調管ともいう。1939年アメリカのバリアン兄弟Sigurd Varian,Russel Harrison V.により発明された極超短波帯(UHF以上)の増幅用真空管。陰極よりの電子を高い直流電圧で加速し,これ ...
クライストロン top 真空管の歴史 直進型クライストロン 複数の共振器の間で速度変調と密度変調を繰り返すことによってマイクロ波を発生させるものです。直進型には大きな出力を取り出すことができる長所があります。

関連画像

e37202 クライストロン e3736 1300 10 66 49 1500 10 115 132 340 2 クライストロンの構造は図の e3736h 1300 10 66 49 1500 10 115 132 340 2



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡