クエン酸第一鉄ナトリウム

出典: meddic

sodium ferrous citrate
フェロミア
クエン酸第一鉄


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クエン酸第一鉄ナトリウム錠の投与法を変更して経管栄養カテーテルの閉塞を回避できた1例
  • 小暮 利和,菊池 誠,鷲澤 尚宏,川村 智子,豊田 めぐみ,下岡 悦子,川口 キミエ,藤田 正和,皆川 規雄
  • 静脈経腸栄養 : 日本静脈経腸栄養学会機関誌 = The journal of Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition 25(2), 617-620, 2010-03-25
  • NAID 10026428938
  • アリルイソプロピルアセチル尿素による固定薬疹の1例
  • 脇坂 ちひろ,飯豊 深雪
  • アレルギー 54(6), 569-571, 2005-06-30
  • … また, 月経痛のため月経時にイブA(R), テプレノンを, 鉄欠乏性貧血のため時々クエン酸第一鉄ナトリウムを内服していた. …
  • NAID 10016591895

関連リンク

クエン酸第一鉄の効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番  :薬事典版) ... ニューキノロン系抗菌薬(クラビットなど)、テトラサイクリン系抗生物質( ミノマイシンなど)、セフジニル(セフゾン)、胃腸薬(制酸薬)、甲状腺ホルモン薬( ...

関連画像

 クエン酸 第一 鉄 ナトリウムクエン酸第一鉄ナトリウム錠  クエン酸 第一 鉄 ナトリウムクエン酸第一鉄Na錠50mg 第86回薬剤師国家試験(平成13 クエン酸第一鉄Na錠50mg「JG

添付文書

薬効分類名

  • 可溶性の非イオン型鉄剤

販売名

  • フェネルミン錠50mg

組成

成分・含量

  • 1錠中、クエン酸第一鉄ナトリウム470.9mg(鉄として50mg)含有

添加物

  • カルメロース
    ステアリン酸マグネシウム
    ヒプロメロース
    マクロゴール400
    酸化チタン

禁忌

  • 鉄欠乏状態にない患者[過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。]

効能または効果

  • 鉄欠乏性貧血
  • 通常成人は、鉄として1日100〜200mg(2〜4錠)を1〜2回に分けて食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 消化性潰瘍、慢性潰瘍性大腸炎、限局性腸炎等の胃腸疾患のある患者[病態を悪化させることがある。]
  • 発作性夜間血色素尿症の患者[溶血を誘発し病態を悪化させることがある。]
  • 鉄含有製剤(鉄剤、MRI用肝臓造影剤等)投与中の患者[過剰症を起こすおそれがある。]


有効成分に関する理化学的知見

  • 一般名:クエン酸第一鉄ナトリウム(Sodium Ferrous Citrate)
    化学名:tetrasodium biscitrato iron(II)
    分子式:C12H10FeNa4O14
    分子量:526.01
    性状:緑白色〜帯黄緑白色の結晶性の粉末である。
    水に溶けにくく、エタノール(95)にほとんど溶けない。希塩酸、希硝酸又は希硫酸に溶ける。
    光によって徐々に褐色となる。
    構造式:


★リンクテーブル★
リンク元ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合」「ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク」「sodium ferrous citrate
関連記事」「ナトリウム」「トリウム」「クエン酸第一鉄」「第一

ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合」

  [★]

乳幼児用剤
分枝アミノ酸無添加総合アミノ酸粉末 13.640g
油脂糖質粉末 66.085g
アルファー化デンプン 8.500g
乳糖水和物 8.3009g
硫酸マグネシウム水和物 0.344g
リン酸水素カルシウム水和物 0.533g
沈降炭酸カルシウム 0.589g
リン酸水素二カリウム 0.980g
クエン酸第一鉄ナトリウム 0.060g
硫酸銅 1.10mg
硫酸亜鉛水和物 11.0mg
ヨウ化カリウム 33.0μg
チアミン硝化物 0.36mg
リボフラビン 0.60mg
ピリドキシン塩酸塩 0.40mg
シアノコバラミン 1.0μg
アスコルビン酸 48.0mg
パントテン酸カルシウム 2.00mg
ニコチン酸アミド 5.00mg
葉酸 0.10mg
塩化コリン 50.0mg
バニラ香料粉末 0.849506g


ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク」

  [★] 分枝アミノ酸無添加総合アミノ酸粉末、油脂糖質粉末、アルファー化デンプン、乳糖水和物硫酸マグネシウム水和物リン酸水素カルシウム水和物沈降炭酸カルシウムリン酸水素二カリウムクエン酸第一鉄ナトリウム硫酸銅硫酸亜鉛水和物ヨウ化カリウムチアミン硝化物リボフラビンピリドキシン塩酸塩シアノコバラミンアスコルビン酸パントテン酸カルシウムニコチン酸アミド葉酸塩化コリン、バニラ香料粉末

大豆レシチン、ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、バニリンエチルバニリン
乳幼児用剤


sodium ferrous citrate」

  [★]

  • クエン酸第一鉄ナトリウム
ferrous citrate


鉄」

  [★]

iron Fe
scissors
ヘモグロビン赤血球血清鉄、iron salts

概念

  • ヘモグロビン、ミオグロビン、およびペルオキシダーゼなどの正常な働きのために必須の元素である。ヒトは一日10-15mgの鉄を摂取しており、そのうちわずか1mgが小腸で吸収される。主に十二指腸でFe2+の形で吸収されるので、胃酸、ビタミンC、クエン酸などによりFe3+→Fe2+になっていると吸収の効率が高まる。生体内には4gの鉄が存在しており、その2/3がヘム鉄(2.5g)(ほぼヘモグロビン鉄、一部ミオグロビン鉄)で存在し、残りのほとんど(1g)は貯蔵鉄(網内系の中。フェリチン・ヘモジデリンとして)として組織に貯蔵される。鉄は受動的に1mgが主に消化管から失われ、その他皮膚、尿路からも失われる。

基準値

血清鉄

鉄の体内分布(SP.499)

  • 成人の体内鉄量:3-4g
[mg] 成人男性 成人女性
総鉄量 4050 2750
ヘモグロビン 2700 2000
貯蔵鉄 1000 450
組織の機能蛋白 350 300
血清トランスフェリン 3 3
血清フェリチン 0.3 0.1

鉄の収支 (SPC.280)

  • 喪失
  • 糞、汗、脱落皮膚:1mg/day
  • 月経中の女性:30mg/月経期間中
  • 妊娠中:500mg/満期まで
  • 必要摂取量
  • 月経中の女性:1.4mg/day
  • 妊娠中:5-6mg/day
  • 男性:0.5-1.0mg/day
  • 食物としての摂取量 (SP. 500)
  • 10-15mg
うち0.9mg程度しか吸収されない

鉄の吸収 (詳しくは図:SP.500)

  • 十二指腸で良く吸収される。 (吸収部位:十二指腸空腸上部(LAB.579))
  • Fe2+は水溶性、Fe3+は難溶性なので、Fe2+であるほうが吸収されやすい。また、ヘム鉄、アミノ酸鉄などキレート状の鉄は吸収が容易である(SP.499)
  • 鉄は摂取量の10%しか吸収されない。腸上皮中ではフェリチンと結合して存在するが、フェリチンが飽和するとそれ以上取り込まない。腸上皮のフェリチンは血清中のトランスフェリンに鉄を渡すが、トランスフェリンが飽和するとそれ以上鉄を渡せなくなる。鉄が飽和した状態の腸上皮はやがて脱落する。これで、必要以上の鉄が吸収されないように厳密に制御されている(←過剰の鉄は生体内でフリーラジカルを産生する反応を触媒するので危険)。ビタミンCは鉄の吸収を促進し、肉に含まれるヘム鉄は食物中の無機鉄より効率よく吸収される。またアルコールやフルクトースは鉄の吸収を促進するが、カルシウムは鉄の吸収を阻害する。(HBC.486)

QB.A-366

  • 鉄の吸収には胃酸の分泌、十二指腸からの吸収が必要。胃全摘が施行された場合には、胃酸の分泌減少と、Billroth II法が施行された場合には食物が十二指腸を通過せず鉄の吸収が障害される。



治療薬

臨床関連



ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0


クエン酸第一鉄」

  [★]

ferrous citrate
クエン酸第一鉄ナトリウム sodium ferrous citrate
アミノレバンEN配合フェニルアラニン除去ミルク配合フェニレンフェネルミンフェロステックフェロチームフェロミアフォリロミンロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合


第一」

  [★]

primarily
一次的主要本来




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡