クウェーン

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/21 20:05:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 家庭用燃料電池システムに用いるCO耐性燃料極触媒
  • 精油の相乗効果とクウェンチング効果 (特集 自然療法における相乗作用と拮抗作用)
  • Aromatopia : the journal of aromatherapy & natural medicine 22(6), 6-9, 2013
  • NAID 40019889540

関連リンク

クウェーン(แขวง)はタイバンコクの行政単位の一つ。 ... ただし、歴史上チャクリー改革 の途上では一部の地方の県(ムアン)では県の下位の行政区分にアムプーではなく、 おなじくクウェーンと称する行政区分を設置していた(たとえば旧ラーンナー地域など)。
郡はもとはクウェーン・セーナーと呼ばれていたがラーマ4世代に北部をクウェーン・ セーナーヤイとして、南部はクウェーン・セーナーノーイとして分離した。1898年ダムロン ラーチャーヌパープ親王が内務大臣として新地方自治制(テーサーピバーン制)を導入し て ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡