クイック一段法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

プロトロンビン(第Ⅱ因子)を測定するという意味に捉えられるが、Quick一段法(1935年 )が開発された当時は、凝固第I因子、 ... Quick一段法とも呼ばれているPT測定は、第 Ⅱ因子、第Ⅶ因子、第X因子だけではなく、フィブリノゲン(第I因子)および第V因子の ...
2005年3月10日 ... PTは1935年米国のA.J.Quickにより考案されたもので、このため現在でも「Quick一段 法」と呼ばれることがあります。PTは外因系と共通因子系の活性を総合的に反映する ため、凝固第Ⅱ、Ⅴ、Ⅶ、Ⅹ因子の活性をみることができます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡