ギャップ結合

出典: meddic

gap junction
細隙結合ギャップジャンクションネクサス nexus
ターミナルバー



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/10 20:28:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3K0948 膵臓ベータ細胞間ギャップ結合によるインシュリン分泌のロバスト保障(細胞生物的課題3,第49回年会講演予稿集)
  • ヒト由来ギャップ結合チャネルの構造解析

関連リンク

ギャップ結合(-けつごう)は、隣り合う上皮細胞をつなぎ、水溶性の小さいイオンや分子 を通過させる細胞間結合のこと。 並んだ2つの細胞の細胞膜 ... 移動することができる。 また、細胞同士を電気的に結合するため、心筋組織などの興奮伝播にも関わっている。
病気が発生する場である臓器は、多数の細胞と細胞外基質から構成されており、その 機能は細胞-細胞間及び細胞-細胞外基質間の情報伝達(コミュニケーショ ン)によって 巧妙に制御されている。ギャップ結合は,隣接する細胞間を直接連絡するチャネルで、 ...

関連画像

1)密着結合(タイト ギャップ結合 - Gap junctionギャップ結合とはほとんどの ギャップ結合花笠踊り ギャップ結合と心筋の反応 ギャップ結合の説明図


★リンクテーブル★
先読みnexus」「ターミナルバー
リンク元平滑筋」「コネクソン」「ネクサス」「ギャップジャンクション
拡張検索ギャップ結合タンパク質」「ギャップ結合性
関連記事結合

nexus」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a connected series or group」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「連鎖;関係 / (文法で)主語述語関係」

ターミナルバー」

  [★]

-ギャップ結合
gapJunction


平滑筋」

  [★]

smooth muscle (K)
横紋筋(骨格筋心筋)
  • 収縮の制御(SP.125-

概念

  • 横紋を有さない
  • 非随意筋

平滑筋の構造 SP.125

  • 紡錘型
  • 直径:数μm, 長さ:数百μm
  • 単一の核が中央部に存在
  • Ca2+を貯蔵する筋小胞体を有する
  • ギャップ結合を有する
  • アクチンが束を造り細胞膜に付着
  • 活動電位を発生する興奮性の平滑筋細胞 :消化管、門脈、膀胱、尿管、輸精管、子宮など
  • 活動電位を発生しない興奮性の平滑筋細胞:大動脈、気管
  • チャネル
  • 膜電位依存性:Ca2+チャネル、Na+チャネル、K+チャネル
  • Ca2+依存性:K+チャネル
  • 細胞に対する直接の機械刺激、とりわけ伸展刺激によっても脱分極する。

平滑筋の筋収縮

  • 収縮のモード:膜電位依存性、膜電位非依存性
  • A. 膜電位依存性
  • 1) 機械受容チャネル or 受容体共役型チャネルを介して脱分極
  • 2) L型膜電位依存性Ca2+チャネルによりCa2+流入
  • 3) Ca2+流入がリアノジン受容体を活性化して筋小胞体からCa2+放出
  • 4) 筋収縮
  • B. 膜電位非依存性
  • 1) 7回膜貫通型受容体(Gq)を介してホスホリパーゼCβ(PLCβ)が活性化
  • 2) ホスホリパーゼCβによりIP3が産生される
  • 3) 筋小胞体上のIP3受容体に結合して、細胞内にCa2+が放出される

平滑筋の収縮制御

  • 平滑筋ミオシンのリン酸化によりミオシンとアクチンが結合 (⇔横紋筋ではアクチンフィラメント上にトロポニン(Ca2+依存的にミオシンの結合を許容するように制御)とトロポミオシン(ミオシンの結合を阻害)
  • 平滑筋ミオシン(重鎖(229kDa)x2 + 20kDa軽鎖(リン酸化の制御を受ける) x2+ 17kDa軽鎖 x2)はミオシン軽鎖キナーゼによってリン酸化を受ける。ミオシン軽鎖キナーゼはCa2++カルモジュリン依存的にリン酸化を行う。

軽鎖ミオシンとカルモジュリン

cAMP

  • 平滑筋のミオシンはミオシン軽鎖キナーゼによりリン酸化を受け、アクチンと相互作用できるようになり筋収縮が起こる。ミオシン軽鎖キナーゼは単独では不活性であり、Ca2+・カルモジュリン複合体の存在下で活性型となる。ミオシン軽鎖キナーゼはcAMP依存性キナーゼによりリン酸化を受けるとCa2+・カルモジュリン複合体との親和性が低下する。すなわち、細胞内cAMP濃度が上昇すると細胞内Ca2+が上昇しても筋収縮せずに弛緩したままとなる。これがβ2受容体作動薬→Gsα↑→[cAMP]i↑により平滑筋弛緩をもたらすメカニズムである。(HBC)


アセチルコリンによる血管平滑筋の弛緩

アセチルコリン→血管内皮細胞の受容体に作用→phosphoinositide cycleの作動→inositol triphosphate↑→細胞内Ca2+↑→endothelium-derived relaxing factor(EDRF)の放出-(diffuse into the adjacent smooth muscle)→EDRFが可溶性のguanylyl cyclaseを活性化→細胞内cGMP↑→cGMP依存性蛋白キナーゼ→muscle proteinをリン酸化→筋弛緩




コネクソン」

  [★]

connexon
ギャップ結合ギャップジャンクション


ネクサス」

  [★]

nexus
ギャップ結合ギャップジャンクション


ギャップジャンクション」

  [★]

gap junction
ギャップ結合


ギャップ結合タンパク質」

  [★]

gap junction protein
ギャップジャンクションタンパク質

ギャップ結合性」

  [★]

gap-junctional
ギャップ結合

結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡