ギセリン

出典: meddic

gicerin
神経突起伸展因子受容体, NOF受容体, CD146, MCAM, MUC18, Mel-CAM


和文文献

  • 成長因子によるギセリン発現の制御
  • ギセリンの種の個物説とリードの生態学的アプローチ

関連リンク

ギセリンは神経突起伸展に関与する細胞接着因子として我々が見いだした分子である。 このギセリン分子は免疫グロブリンスーパーファミリーに属する細胞接着因子であり、 発生初期の神経系で強い発現が認められる。ギセリン分子はNOF(神経突起伸展因子) と ...
イソフォーム(長いものをL-ギセリン,短い方をS-ギセリン)が存在する。 ... ギセリンは 発生時に発現し神経突起伸展や細胞移動さらには上皮形成を促進するが,腫 ... の自然 発症例の殆どがL-ギセリンのみを発現しており、細胞質内領域が腫瘍細胞の動態に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事リン」「セリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡