キョーリンAP2

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 二重盲検法による産婦人科領域におけるキョ-リンAP2顆粒の鎮痛効果の検討
  • 整形外科領域の疼痛に対するキョーリンAP2顆粒の使用経験

関連リンク

杏林製薬株式会社のキョーリンAP2顆粒(中枢神経用薬)、一般名シメトリド、無水カフェイン(Simetride、anhydrous caffeine) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。 ... 通常、成人は1回0.5gまたは1包(0.5g)を1日3〜4回服用しますが ...
キョーリンAP2とは。効果、副作用、使用上の注意。 痛みを鎮める薬です。 キョーリンAP2 は、 腰痛症 、 症候性神経痛 、 頭痛 、 月経痛 、 炎症による咽頭痛(いんとうつう) ・ 耳痛 、 歯痛 、 手術後の疼痛(とうつう) などの治療に ...

関連画像

医療用医薬品情報 | キョーリン キョーリンAP2配合顆粒 キョーリンAP2配合顆粒│お薬事 医療用医薬品情報 | キョーリン

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痛剤

販売名

  • キョーリンAP2配合顆粒

組成

成分・含量(1g中)

  • シメトリド 0.8g
    日局 無水カフェイン 0.02g

添加物

  • 大豆リン脂質、乳糖水和物、カルメロースカルシウム、ポリソルベート80、ヒドロキシプロピルセルロース

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 腰痛症、症候性神経痛、頭痛、月経痛、炎症による咽頭痛・耳痛、歯痛、術後疼痛
  • 通常成人1回0.5gを1日3〜4回経口投与する。
  • なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

肝又は腎機能障害のある患者

  • [代謝、排泄が遅延するおそれがある。]

薬効薬理

基礎薬理作用

  • シメトリドは間脳視床下部に作用し(家兎)1)、鎮痛効果(圧刺激法)は経口及び腹腔内投与のいずれにおいてもリン酸コデインと同等の効果を示した(マウス)2)

配合意義(シメトリド:無水カフェイン=40:1)

  • 配合剤及びシメトリド単味をそれぞれ経口投与し、鎮痛効果を比較(酢酸Writhing法)した結果、シメトリドの最小有効量及びED50値はカフェインの配合により1/2〜1/4及び約1/3まで減少した(マウス)3)
  • 配合剤及びシメトリド単味をそれぞれ経口投与し、鎮痛効果を比較(Randall-Selitto法)した結果、シメトリドの効果はカフェインの配合により1.85〜2.42倍増強され、作用持続時間の延長が認められた(ラット)4)


有効成分に関する理化学的知見

シメトリド

  • 一般名:シメトリド (Simetride) [JAN]
  • 化学名:1,4-Bis[(2-methoxy-4-n-propylphenoxy)acetyl]-piperazine
  • 分子式:C28H38N2O6
  • 分子量:498.61
  • 融点 :135〜138℃
  • 性状 :本品は白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味はない。本品はクロロホルムに溶けやすく、ジメチルホルムアミドにやや溶けにくく、アセトンに溶けにくく、水、エタノール又はエーテルにほとんど溶けない。
  • 化学構造式:

無水カフェイン

  • 一般名:無水カフェイン (Anhydrous Caffeine)
  • 化学名:1,3,7-Trimethyl-1H-purine-2,6(3H,7H)-dione
  • 分子式:C8H10N4O2
  • 分子量:194.19
  • 融点 :235〜238℃
  • 性状 :本品は白色の結晶又は粉末で、においはなく、味は苦い。本品はクロロホルムに溶けやすく、水、無水酢酸又は酢酸(100)にやや溶けにくく、エタノール(95)又はジエチルエーテルに溶けにくい。本品1.0gを水100mLに溶かした液のpHは5.5〜6.5である。
  • 化学構造式:


★リンクテーブル★
拡張検索キョーリンAP2配合
関連記事リン」「A」「AP」「AP2

キョーリンAP2配合」

  [★] シメトリド無水カフェイン(カフェイン)


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


AP」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「antipersonnel / (またA.P.)Associated Press」


AP2」

  [★]

adaptor protein 2




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡