キャッスルマン腫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 55.縦隔キャッスルマン腫瘍の1手術例(第38回日本肺癌学会関西支部会)
  • 横山 和敏,高島 正,野崎 正彦
  • 肺癌 23(4), 551, 1983-10-31
  • NAID 110003126901

関連リンク

概要 キャッスルマン病は、1956年にベンジャミン・キャッスルマン博士らによって報告された疾患で、血液学的にはリンパ増殖性疾患に分類されます。さらに、キャッスルマン病は、身体の一部のリンパ節が腫脹する限局型と、全身の ...
キャッスルマン病とは非常にまれなリンパ増殖性疾患です。キャッスルマン病の原因、症状、治療について ... キャッスルマン病の症状としては、全身型と限局型に分かれますが、 全身型の場合、倦怠感、発熱、体重減少、食欲不振 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「マン

腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


マン」

  [★]

man, Mann





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡