キャッスルマン病

出典: meddic

Castleman's disease, Castleman disease
Castleman病、隔巨大リンパ節過形成, mediastinal giant lymph node hyperplasia
縦隔巨大リンパ節過形成IgG4関連疾患

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/05/27 11:23:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 限局性皮質異形成を発作起源とする難治性てんかん重積を呈したキャッスルマン病の1例
  • 垣内 無一,岩男 悠,木下 英理子 [他]
  • 臨床神経学 51(7), 487-492, 2011-07
  • NAID 40018921133
  • 目でみるシリーズ キャッスルマン病(Castleman Disease;CD)
  • 岡本 真一郎
  • Frontiers in rheumatology & clinical immunology 5(1), 4-6, 2011-02
  • NAID 40018745505

関連リンク

キャッスルマン病(キャッスルマンびょう、英: Castleman's disease)は、非常に稀な リンパ増殖性疾患である。 1956年にアメリカの病理医・キャッスルマン(Castleman) 医師が初めて原因不明の病気として報告したことから、キャッスルマン病と名付けられた 。 ...
17 時間前 ... 稀少難病『全身性キャッスルマン病』になってしまったわたしの日々。 夫・Uさん&娘・μ、 2匹のチワワに支えられて。

関連画像

資料3:「キャッスルマン病 お食事キャッスルマン病(Castleman キャッスルマン病キャッスルマン病(Castleman 図1, 図2


★リンクテーブル★
先読みIgG4関連疾患」「mediastinal giant lymph node hyperplasia
リンク元ヘルペスウイルス科」「腫瘍随伴性天疱瘡」「ヒトヘルペスウイルス」「縦隔巨大リンパ節過形成」「巨大リンパ節過形成
関連記事

IgG4関連疾患」

  [★]

IgG4-related disease, IgG4-RD
IgG4 免疫グロブリンG4

参考

  • 1. 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/2314
  • 2. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/IgG4%E9%96%A2%E9%80%A3%E7%96%BE%E6%82%A3
  • 3. IgG4関連疾患の包括的診断基準‐2011
[display]http://www.nanbyo.or.jp/update/bunken/2012/bunken_0010.html
  • 4. [PDF]IgG4関連疾患
[display]http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/file/14901/076_060_065.pdf


mediastinal giant lymph node hyperplasia」

  [★] 縦隔巨大リンパ節過形成

ヘルペスウイルス科」

  [★]

Herpesviridae
疱疹ウイルス
ヘルペスウイルス亜科ウイルス

ヘルペス科に属するウイルスによる感染症 (SMB.526)

ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス 潜伏部位 初感染における
顕性感染率
主な疾患
α 単純ヘルペスウイルス1型 HSV-1 知覚神経節 口唇ヘルペス口内炎角膜ヘルペスヘルペス脳炎性器ヘルペス新生児ヘルペス
単純ヘルペスウイルス2型 HSV-2 性器ヘルペス新生児ヘルペス、ヘルペス?疽、殿部ヘルペス
水痘・帯状疱疹ウイルス VZV 水痘帯状疱疹ラムゼイ・ハント症候群
β サイトメガロウイルス CMV 顆粒球/マクロファージ前駆細胞 先天性巨細胞封入体症、輸血後CMV単球症、臓器移植後間質性肺炎肝炎
ヒトヘルペスウイルス6型 HHV-6 マクロファージ 突発性発疹脳炎
ヒトヘルペスウイルス7型 HHV-7 唾液腺? 突発性発疹
γ エプスタイン-バーウイルス EBV 骨髄Bリンパ球 伝染性単核症バーキットリンパ腫上咽頭癌日和見リンパ腫
ヒトヘルペスウイルス8型 HHV-8 Bリンパ球 カポジ肉腫キャッスルマン病


腫瘍随伴性天疱瘡」

  [★]

paraneoplastic pemphigus
天疱瘡

概念

病因

症状

  • 重度の皮膚粘膜病変:眼病変(偽膜性角結膜炎)や口腔内水疱を伴う。
  • 皮膚病変は多型性紅斑、水疱性類天疱瘡扁平苔癬に似ている

診断

  • (腫瘍が見つかっていない場合)重症の口腔内水疱病変と非典型的な皮膚所見から疑い、腫瘍の検索を行う。

治療

予後

  • 進行性であり、悪性腫瘍合併しているときは二年間以内に致命的な結末をもたらす。悪性新生物に合併しているときは原疾患の治療を改善しないが、良性新生物の場合は原疾患の治療により皮膚病変が治癒する。

参考

  • Beth G Goldstein MD et al.; Pemphigus; UpToDate; review version 18.2

ヒトヘルペスウイルス」

  [★]

human herpes virus, HHV
ウイルス



縦隔巨大リンパ節過形成」

  [★]

mediastinal giant lymph node hyperplasia
キャッスルマン病 Castleman disease
血管免疫芽球性リンパ節症


巨大リンパ節過形成」

  [★]

giant lymph node hyperplasia
キャッスルマン病

病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡