キメラ蛋白質

出典: meddic

chimeric protein
融合蛋白質, fusion proteinハイブリッド蛋白質 hybrid protein
キメラタンパク質キメラタンパクキメラ蛋白


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 蛋白質工学 : 蛋白質工学を利用したバイオマテリアルの分子設計
  • 加藤 功一,岩田 博夫
  • バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials 27(4), 238-245, 2009-10-26
  • NAID 10025539319
  • 世界への挑戦 : キメラ蛋白質を用いた高機能バイオマテリアルの設計
  • 中路 正
  • バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials 26(5), 387, 2008-09-15
  • NAID 10024323355

関連リンク

発明の属する技術分野 この発明は、自己免疫疾患、特に、多発性硬化症の標的免疫療法に有用な抗原−毒素キメラ蛋白質に関する。 発明の技術背景 選択的免疫抑制剤の開発は、自己免疫疾患の治療における重要な目標の1つである。
【発明の詳細な説明】 【技術分野】 【0001】 本発明はキメラタンパク質に関し,特に,酵素であるユビキチンリガーゼ(E3)のうちRING型E3が有するRINGドメイン中のヘリックス領域で,Cross-braceモチーフを有する他の ...

関連画像

Patent WO2014103608A1 - HPV/HBsキメラ  蛍光キメラ蛋白質の発現と精製図3.キメラ蛋白の構造 (4  蛋白質キメラ蛋白質 (特許高機能化キメラ蛋白質を含有 キメラ蛋白質を構成要素とする


★リンクテーブル★
リンク元融合蛋白質」「キメラ蛋白」「キメラタンパク」「chimeric protein」「キメラタンパク質
関連記事蛋白質」「白質」「キメラ」「

融合蛋白質」

  [★]

fusion protein
融合タンパク質融合タンパク融合蛋白
F蛋白質キメラ蛋白質


キメラ蛋白」

  [★]

chimeric protein
キメラタンパク質キメラタンパクキメラ蛋白質


キメラタンパク」

  [★]

chimeric protein
キメラタンパク質キメラ蛋白キメラ蛋白質


chimeric protein」

  [★]


キメラタンパク質」

  [★]

chimeric protein
キメラタンパクキメラ蛋白キメラ蛋白質


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


キメラ」

  [★]

chimera, chimaera
モザイク


  • 遺伝的に異なる2個(以上)の個体に由来する細胞を人工的に同一個体内に混在させた動物


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡