キヌレン酸

出典: meddic

kynurenic acidkynurenate
4-ヒドロキシキナルジン酸 4-hydroxyquinaldic acid


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/15 10:53:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 長期補助循環中の尿中トリプトファン代謝産物と炎症性ストレス反応の関係
  • 伊藤 康宏,深尾 英臣,海江田 章,石田 沙織,藤原 麻未,山本 賢,豊崎 正人,山城 知明,石川 隆志,川井 薫,渡邊 孝,日比谷 信
  • 体外循環技術 41(1), 11-14, 2014
  •  補助循環中の症例から、連続する2週間に尿中に排泄された必須アミノ酸のトリプトファンの代謝産物のうち、キヌレニン経路からの代謝産物を測定した。比較対照として肝機能指標である総アルブミン、AST、肝臓で産生される腎機能指標BUNおよび炎症性ストレス反応物質であるCRP、プロカルシトニン、尿中コルチゾールを測定した。トリプトファン代謝は肝臓で行われるため、肝機能指標との関係が示された。また、トリプトフ …
  • NAID 130003397750
  • アミノ酸摂取によるキヌレン酸を介したドーパミン制御 (第3回[日本アミノ酸学会]学術大会(JSAAS2009))
  • 福渡 努,奥野 海良人,柴田 克己
  • アミノ酸研究 3(1), 59-62, 2009
  • NAID 40017013200
  • グリア細胞を標的とする医薬品の創製
  • 工藤 佳久,小泉 修一,和田 圭司 [他],橋本 謙二
  • 日本薬理学雑誌 130(3), 185-192, 2007-09-01
  • … を示唆した.和田はグリア細胞に存在するGPCRの研究が中枢神経系薬理学的研究に極めて重要な意味を持つことをNtsr2,PAC1およびVPAC2を実例として示した.橋本は統合失調症発症のグルタミン酸仮説の要になるNMDA受容体機能低下の原因がグリア細胞で合成されるD-セリンの減少やキヌレン酸の増加にある可能性を示唆し,統合失調症の新しい治療薬の開発にはグリア細胞に焦点を当てることが重要であることも示唆した. …
  • NAID 10025739725

関連リンク

栄養・生化学辞典 - キヌレン酸の用語解説 - C10H7NO3 (mw189.17). 4-ヒドロキシキナルジン酸ともいう.トリプトファン代謝の一経路の最終産物. ... 今日のキーワード 参院選の日程 改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に ...
かってこのブログで統合失調症や大うつ病におけるグルタミン酸仮説を紹介したが、双極性障害、特に、躁病相においてはグルタミン酸、特に、キヌレン酸の上昇が関与しているという論文があったので、今回はこの論文を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元4-hydroxyquinaldic acid」「kynurenate」「kynurenic acid
関連記事

4-hydroxyquinaldic acid」

  [★] キヌレン酸4-ヒドロキシキナルジン酸

kynurenate」

  [★]

  • キヌレン酸
kynurenic acid


kynurenic acid」

  [★]

キヌレン酸

kynurenate


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡