キヌレニン

出典: meddic

kynurenine
3-アントラニロイルアラニン 3-anthraniloyl alanine
トリプトファンピリドキサール



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/16 14:05:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ナイアシン栄養におけるトリプトファン経路の重要性
  • 福渡 努
  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiy◆U014D◆ shokury◆U014D◆ gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 63(4), 135-141, 2010-08-10
  • トリプトファンからニコチンアミドが生合成されるという点において, ナイアシンは他のビタミンとは異なる特徴を持つ。本研究では, トリプトファン-ニコチンアミド転換経路は, ナイアシンの栄養状態の維持にどのような生理的意義を持つのか明らかにすることを目的とした。ヒトを対象とした調査より, 67 mgのトリプトファン摂取から1 mgのニコチンアミドが生合成されること, 妊娠中期から末期にかけてトリプトフ …
  • NAID 10026597536
  • サクラマスで発見された性フェロモン「L-キヌレニン」 (特集 においの生物学)

関連リンク

キヌレニンとは、必須アミノ酸トリプトファンからナイアシンを生成する経路で代謝されるアミノ酸の一種です。 キヌレニンはチック症との関連が指摘されるほか、白内障との関連についても研究が行われてきました。 今回新たに ...
1.キヌレニン仮説とは? キヌレニン仮説とは、精神疾患の発症にキヌレニンという物質が関係しているのではないか、というひとつの仮説です。 キヌレニンとは、トリプトファンという物質から合成される物質です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みトリプトファン」「ピリドキサール
リンク元3-anthraniloyl alanine
拡張検索キヌレニン3-モノオキシゲナーゼ」「ホルミルキヌレニン」「N-ホルミルキヌレニン」「3-ヒドロキシキヌレニン
関連記事レニン

トリプトファン」

  [★]

tryptophan Trp W
α-アミノ-β-(3-インドリル)プロピオン酸 α-amino-β-(3-indolyl)-propionicacid、2-アミノ-3-(3-インドリル)プロピオン酸 2-amino-3-(3-indolyl)-propionicacid
アミノ酸芳香族アミノ酸
  • 無極性。無電荷
  • 側鎖:
             /\
-CH2-------| ○|
     ||    |  | 
       \ / \/
         NH



ピリドキサール」

  [★]

pyridoxalpyridoxal phosphatepyridoxal calcium phosphate
アデロキザールハイピリドキシンハイミタンビタゼックスビタダン配合(ビタダン)、ビタノイリンビタマル配合(ビタマル)、ピドキサールライボミンS(ライボミン)、リボビックス
ピリドキサールリン酸リン酸ピリドキサールリン酸ピリドキサールカルシウムビタミンB6
  • ビタミンB6の一種



3-anthraniloyl alanine」

  [★] キヌレニン3-アントラニロイルアラニン


キヌレニン3-モノオキシゲナーゼ」

  [★]

kynurenine 3-monooxygenase, KMO
トリプトファン


ホルミルキヌレニン」

  [★]

formylkynurenine
トリプトファン


N-ホルミルキヌレニン」

  [★]

N-formylkynurenine
キヌレニン


3-ヒドロキシキヌレニン」

  [★]

3-hydroxykynurenine


レニン」

  [★]

renin
アンジオテンシノゲンアンジオテンシン

分類

産生組織

標的組織

作用

分泌の調整 (PT. 480)

  • 1. 交感神経刺激
循環中枢からの刺激→レニン放出↑ β1受容体を介する
立位 → 交感神経亢進(おそらく脳への血行を保つため) → レニン放出↑
  • 2. 腎動脈圧
腎動脈圧↓→レニン放出↑
腎動脈圧↑→レニン放出↓
腎臓の輸入細動脈の圧受容器による
cf.腎動脈動脈狭窄により血流↓→レニンアンジオテンシンアルドステロン系↑→血圧↑
  • 3. 遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓
遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓→レニン放出↑
緻密斑細胞により検出される
血漿濃度や輸入細動脈圧の減少はGFRを減少させ、それによって遠位尿細管濾液中のNaCl濃度を減少させる
  • 4. アンジオテンシンII
  • ネガティブフィードバック制御を受ける。
  • アンジオテンシンII↑→レニン↓

分子機構

臨床関連





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡