キナーゼ

出典: meddic

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/26 14:44:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • DGKβは記憶および感情障害改善薬のターゲットになりえるか? : 神経系におけるジアシルグリセロールキナーゼβ(DGKβ)の機能解析
  • 白井 康仁
  • 日本薬理学雑誌 = Folia pharmacologica Japonica : くすりとからだ : ファーマコロジカ 143(3), 131-136, 2014-03
  • NAID 40019998021
  • ビーポーレン,ローヤルゼリーのBacillus subtilis nattoによる発酵 : 循環改善,骨疾患予防剤の開発
  • 須見 洋行,今井 雅敏,内藤 佐和 [他]
  • ニューフードインダストリー 56(3), 7-12, 2014-03
  • NAID 40019995117
  • Entecavirとdasatinibを併用し,安全に治療継続し得たHBVキャリアの新規発症慢性骨髄性白血病慢性期
  • 武井 寿史,Takei Hisashi,三井 健揮,Mitsui Takeki,佐藤 成,Sato Naru,斉藤 明生,Saito Akio,星野 匠臣,Hoshino Takumi,小磯 博美,Koiso Hiromi,滝沢 牧子,Takizawa Makiko,横濱 章彦,Yokohama Akihiko,斉藤 貴之,Saito Takayuki,塚本 憲史,Tsukamoto Norifumi,村上 博和,Murakami Hirokazu,半田 寛,Handa Hiroshi,野島 美久,Nojima Yoshihisa
  • The Kitakanto medical journal = 北関東医学 64(1), 51-55, 2014-02-01
  • 症例は63歳男性. 血液検査, 骨髄検査から慢性骨髄性白血病慢性期(CML-CP) と診断した. 初診時よりHBV-DNA が検出され,HBVキャリアと診断した.チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)投与によるHBV再活性化の可能性を考慮しentecavir 0.5mg/日の投与を先行した. HBV-DNA 量の低下を確認しdasatinib 100mg/日の併用を開始した. 投与3ヵ月後に細胞遺伝学的 …
  • NAID 120005372529

関連リンク

株式会社ファルマデザインは、バイオインフォマティクスとドラッグデザインを融合させたインシリコ創薬を推進するバイオベンチャーです ... キナーゼ (Kinase) キナーゼとは、ターゲット分子にリン酸基を付加する(リン酸化)すること ...
ナットウキナーゼ(納豆キナーゼ)の通販ならケンコーコム。厳選されたナットウキナーゼ(納豆キナーゼ)商品を豊富に取り揃えておりますので、比較しながら欲しいナットウキナーゼ(納豆キナーゼ)を探せます。1,900円以上の購入で送料 ...

関連画像

豊年®納豆キナーゼDownload]全製造ロットで厳密な品質管理隠れ脳梗塞に納豆キナーゼが  サプリメント)納豆キナーゼ における pi3 キナーゼ の 役割

添付文書

薬効分類名

  • 線維素溶解酵素剤

販売名

  • ウロキナーゼ静注用6万単位「ベネシス」

組成

有効成分〔1瓶中〕

  • 日局ウロキナーゼ 60,000単位

添加物〔1瓶中〕

  • 人血清アルブミン 40mg,クエン酸ナトリウム水和物 32mg,リン酸水素ナトリウム水和物 48mg,リン酸二水素ナトリウム 10.4mg

備考

  • ウロキナーゼは,ヒト尿に由来する.
    人血清アルブミンは,ヒト血液に由来する.

禁忌

  • 止血処置が困難な患者:頭蓋内出血,喀血,後腹膜出血等〔出血が助長されることがある.〕
  • 頭蓋内あるいは脊髄の手術又は損傷を受けた患者(2ヵ月以内)〔出血を惹起し,止血が困難になるおそれがある.〕
  • 動脈瘤のある患者〔出血を惹起し,止血が困難になるおそれがある.〕
  • 重篤な意識障害を伴う患者〔脳内出血を発症している可能性が高い.〕
  • 脳塞栓又はその疑いのある患者〔出血性脳梗塞を起こすことがある.〕

効能または効果

  • 次の血栓・閉塞性疾患の治療
  • 脳血栓症(発症後5日以内で,コンピューター断層撮影において出血の認められないもの)
  • 末梢動・静脈閉塞症(発症後10日以内)
  • 本剤を10mLの日本薬局方生理食塩液に用時溶解し,静脈内に注射する.
    なお,日本薬局方生理食塩液又は日本薬局方ブドウ糖注射液に混じて点滴注射することが望ましい.
  • 血栓・閉塞性疾患
  • ・脳血栓症:1日1回60,000単位を約7日間投与する.
  • ・末梢動・静脈閉塞症:初期1日量60,000〜240,000単位,以後は漸減し約7日間投与する.

慎重投与

  • 出血している患者:手術等外科的処置時(肝,腎生検等を含む),糖尿病性出血性網膜症等の出血性眼疾患,消化管出血,尿路出血,流早産,分娩直後,月経期間中等〔出血を助長し,止血が困難になるおそれがある.〕
  • 出血の可能性のある患者:消化管潰瘍,消化管の憩室炎,大腸炎,重症高血圧症,活動性結核,頭蓋内出血の既往等〔出血を惹起するおそれがある.〕
  • 治療困難な凝固能低下状態の患者:凝固因子欠乏症,血小板減少症等〔出血を惹起するおそれがある.〕
  • 血液凝固阻止作用を有する薬剤,血小板凝集抑制作用を有する薬剤又は他の血栓溶解剤を投与している患者(「相互作用」の項参照)
  • 重篤な肝障害,腎障害のある患者〔代謝,排泄能の低下により,本剤の作用が増強することがある.〕
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 本剤又は組織培養ウロキナーゼに対して過敏症の既往歴のある患者

重大な副作用

出血性脳梗塞(0.1〜5%未満),脳出血(0.1%未満),消化管出血(0.1%未満)

  • 出血性脳梗塞,脳出血,消化管出血等の重篤な出血があらわれることがあるので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
    また,t-PA製剤において,出血の増大に伴い出血性ショックに至ることが報告されているので注意すること.

ショック(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので観察を十分に行い,血圧低下,呼吸困難,胸内苦悶,脈拍の異常,発汗等があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • ウロキナーゼは,プラスミノーゲン分子中のアルギニン-バリン結合を加水分解して直接プラスミンを生成する4).生成したプラスミンはフィブリンを分解することにより血栓及び塞栓を溶解する5)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ウロキナーゼ,Urokinase(JAN)

分子量

  • 約54,000

性状

  • 無色澄明の液である.


★リンクテーブル★
先読みphosphotransferase」「phosphoenzyme
リンク元kinase」「プロテインキナーゼ」「ホスホトランスフェラーゼ」「カイネース
拡張検索プロテインキナーゼG」「カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ」「ガラクトキナーゼ欠損症

phosphotransferase」

  [★]

ホスホトランスフェラーゼリン酸転移酵素リン酸基転移酵素

kinase

phosphoenzyme」

  [★]

kinase

kinase」

  [★] キナーゼ カイネース リン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase

WordNet   license wordnet

「an enzyme that catalyzes the conversion of a proenzyme to an active enzyme」

プロテインキナーゼ」

  [★]

protein kinase
蛋白質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素
キナーゼ


ホスホトランスフェラーゼ」

  [★]

phosphotransferase
キナーゼリン酸基転移酵素リン酸転移酵素


カイネース」

  [★]

kinase
キナーゼリン酸化酵素


プロテインキナーゼG」

  [★]

protein kinase GG-kinase
サイクリックGMP依存性タンパク質リン酸化酵素cGMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックGMP依存性タンパク質キナーゼGキナーゼサイクリックGMP依存性プロテインキナーゼ


カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ」

  [★]

calcium-calmodulin-dependent protein kinase
カルモジュリンキナーゼカルモジュリン依存性キナーゼカルシウムカルモジュリン依存性キナーゼ

ガラクトキナーゼ欠損症」

  [★]

galactokinase deficiency
galactokinase欠損症、GALK欠損症 GALK deficiency
ガラクトース血症





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡