キシロカイン

出典: meddic

リドカイン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/09/03 09:28:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 三叉神経痛に対する口腔粘膜8%リドカインスプレーの鎮痛作用
  • 仁木 有理子,金井 昭文,岡本 浩嗣
  • The journal of the Japan Society of Pain Clinicians = 日本ペインクリニック学会誌 18(4), 388-391, 2011-09-25
  • … 三叉神経痛は三叉神経第2,3枝に好発し,飲食や会話を困難にする.口腔粘膜領域の三叉神経痛を有する患者12人に8%リドカインスプレー(キシロカインポンプスプレー®:LPS)を処方し,粘膜の痛み部位への塗布を指示した.1回使用量は最大24 mg,使用間隔を4時間以上空けて,痛み出現時に使用可能とし,痛みを視覚アナログスケール(VAS)で評価した.LPSは痛みをVASで塗布直前58 ± 17 mm(平均 ± 標準偏差)から塗 …
  • NAID 10029809645
  • PP-621 膀胱痛症候群に対するキシロカイン膀胱内注入療法の経験(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 青柳 貞一郎,竹内 尚史,坂本 昇
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 507, 2011-03-20
  • NAID 110008612994

関連リンク

キシロカインとは?リドカインの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
いちばん基本的な局所麻酔用キシロカイン製剤は、「1%キシロカイン」でしょうか。ふつう、キシロカインといったらコレを指す場合が多いと思います。樹脂でできたポリアンプルに入っていて、このタイプのポリアンプルは ...
キシロカイン副作用について、キシロカインの特徴と共に簡潔にまとめてあります ... キシロカインによる想定される症状の詳細はこちらをご参照下さい。 キシロカインとは キシロカイン(Xylocaine)とは、世界中で最も良く使われて ...

関連画像

キシロカイン液4%:20ml入キシロカインポンプスプレー8%キシロカインゼリー 麻酔薬 キシロカイン注射液2% キシロカイン1.8mlカートリッジ な局所麻酔薬キシロカイン

添付文書

薬効分類名

  • 定量噴霧式表面麻酔剤

販売名

キシロカインポンプスプレー8%

組成

成分・含量(1mL中)

  • リドカイン 80mg

添加物

  • l-メントール、エタノール、マクロゴール400、サッカリン

禁忌

  • 本剤の成分又はアミド型局所麻酔薬に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

表面麻酔

  • リドカインとして、通常成人では8?40mg(1?5回の噴霧)を使用する。なお、年齢、麻酔領域、部位、組織、体質により適宜増減する。
  • 〈使用方法〉
  • 添付のノズルを装着し、ノズル内に溶液が充満するよう、患部に噴霧する前に火気に注意して、少なくとも5回空噴霧した後に麻酔部位に噴霧する。麻酔部位に噴霧する際には溶液が霧状となるようノズルを強く押すこと。
  • ノズルを1回押すごとに溶液0.1mL(リドカインとして8mg含有)が噴霧される。通常1?5回の噴霧(溶液0.1?0.5mL:リドカインとして8?40mg)で十分である。広範な部位を麻酔する場合及び麻酔効果をさらに長時間持続させる場合には、噴霧回数を適宜調節する。ただし一時に25回(リドカインとして200mg)以上の噴霧は避けること。
  • 小児に使用する場合や、扁桃炎等で充血している場合には十分注意して使用すること。
  • 残液量が少なくなった場合はチューブの先端が下側になるようにして使用すること。

慎重投与

  • 高齢者(「高齢者への投与」及び「重要な基本的注意」の項参照)
  • 全身状態が不良な患者[生理機能の低下により麻酔に対する忍容性が低下していることがある。](「重要な基本的注意」の項参照)
  • 心刺激伝導障害のある患者[症状を悪化させることがある。]
  • 重篤な肝機能障害又は腎機能障害のある患者[中毒症状が発現しやすくなる。]
  • 幼児(「小児等への投与」の項参照)

重大な副作用

  • ショック:徐脈、不整脈、血圧低下、呼吸抑制、チアノーゼ、意識障害等を生じ、まれに心停止を来すことがある。また、まれにアナフィラキシーショックを起こしたとの報告があるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、適切な処置を行うこと。
  • 意識障害、振戦、痙攣:意識障害、振戦、痙攣等の中毒症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。(「過量投与」の項参照)

薬効薬理

作用機序

  • リドカインは、神経膜のナトリウムチャネルをブロックし、神経における活動電位の伝導を可逆的に抑制し、知覚神経・運動神経を遮断する局所麻酔薬である。

麻酔効果・作用時間

  • リドカイン塩酸塩の表面・浸潤・伝達麻酔効果は、プロカイン塩酸塩よりも強く、作用持続時間はプロカイン塩酸塩よりも長い6),7),8),9),10),11)

有効成分に関する理化学的知見

  • 一般名:リドカイン(Lidocaine)(JAN)(日局)
  • 化学名:2-Diethylamino-N-(2,6-dimethylphenyl)acetamide
  • 構造式:
  • 分子式:C14H22N2O
  • 分子量:234.34
  • 融点 :66?69℃
  • 性状 :リドカインは白色?微黄色の結晶又は結晶性の粉末である。メタノール又はエタノール(95)に極めて溶けやすく、酢酸(100)又はジエチルエーテルに溶けやすく、水にほとんど溶けない。希塩酸に溶ける。


★リンクテーブル★
リンク元WHO方式癌疼痛治療」「リドカイン」「局所麻酔薬」「Xylocaine」「リグノカイン
拡張検索歯科用キシロカインカートリッジ
関連記事ロカイ

WHO方式癌疼痛治療」

  [★]

WHO method for relief of cancer pain
WHO式癌疼痛治療法 WHO Cancer Pain Relief ProgrammeWHO3段階除痛ラダー WHO three-stepanalgesic ladder、3段階ラダー


WHOの基本5原則

  • 1. WHOのラダーに沿って
  • 2. できるかぎり内服で、
  • 3. 少量で始めて疼痛が消える量へと漸増し、
  • 4. 定時投与とし、     ← 頓用ではない
  • 5. 必要に応じて鎮痛補助薬の併用も考慮



薬剤群 代表薬 代替薬
非オピオイド鎮痛薬 アスピリン コリン・マグネシウム・トリサルチレート)
アセトアミノフェン ジフルニサルa
イブプロフェン ナプロキセン
インドメタシン ジクロフェナク
  フルルビプロフェン※1
弱オピオイド
(軽度から中等度の強さの痛みに用いる)
コデイン デキストロプロポキシフェンa
ジヒドロコデイン
アヘン末
トラマドールb
強オピオイド
(中等度から高度の強さの痛みに用いる)
モルヒネ メサドンa
ヒドロモルフォンa
オキシコドン
レボルファノールa
ペチジンc
ブプレノルフィンa
フェンタニル※2

鎮痛補助薬 SAN.410

参考

  • 1. WHO方式癌疼痛治療ガイドライン
[display]http://www.geocities.jp/study_nasubi/l/l13.html

国試

  • 106C030:吐き気はオピオイド服用開始に出現しやすいので、開始時から制吐薬を開始する。副作用に対してはオピオイドの減量ではなく、制吐薬・緩下薬などを利用し、オピオイドの減量は避ける、だったっけ?

メモ



リドカイン」

  [★]

lidocaine
塩酸リドカイン lidocaine hydrochloride
キシロカイン xylocaine Xylocainリグノカイン lignocaine Lignocain
TDゼットアネトカインアネトカインビスカスエムラオーラオリベスキシレステシンキシレステシンAキシロカインセフメタゾンチエナムデンタカインネイサートネリコルトネリザネリダロンネリプロクトパートランパートランビスカスパートランポンプフリードカインヘモリサットヘルミチンヘルミチンSペンマリンペンレスボラザボラザGメドカインユーパッチラセナゾリン歯科用キシロカインカートリッジ
(ジフルコルトロンリドカイン)ネイサートネリコルトネリザネリダロンネリプロクト
抗不整脈薬プロカイン
クラスIb
Naチャネルブロック
APD短縮

作用機序

  • Naチャネル遮断

薬理作用

  • 活動電位の最大分極速度を抑制
結合解離速度は早く、正常心拍の伝導を阻害しない。
APDの短縮はリドカインのNaチャネルに対する結合解離が早いため?? (→Sicillian Gambitの分類)

動態

適応

  • 心室性不整脈
  • 心肺蘇生 アミオダロンの方がよく使われる
  • 無効:心房細動、心房頻拍

注意

禁忌

副作用

局所麻酔薬」

  [★]

local anesthetic, local anesthetics
局麻薬局所麻酔剤
局所麻酔局所麻酔薬一覧


構造

作用機序

  • 電位依存性Naチャネルに結合して膜の脱分極を抑制、神経伝達を遮断。



商品


Xylocaine」

  [★]

キシロカイン

lidocainelidocaine hydrochloridelignocaine


リグノカイン」

  [★]

lignocaine
リドカインキシロカイン塩酸リドカイン


歯科用キシロカインカートリッジ」

  [★] リドカイン塩酸塩、アドレナリン

歯科用局所麻酔剤


ロカイ」

  [★]

aloe
蘆薈
アロエ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡