キサントシン

出典: meddic

xanthosine, X


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/26 18:43:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • キサントシン5'-モノリン酸結合RNAのin vitroセレクション
  • 木賀 大介,坂本 健作,清尾 康志,関根 光雄,横山 茂之
  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 19, 458, 1996-08-01
  • NAID 10002915778
  • 白血病細胞におけるIMP脱水素酵素
  • 山田 裕一,後藤 治子,小笠原 信明,棗田 豊,
  • プリン・ピリミジン代謝 13(2), 120-128, 1990
  • … 昇していた.また培養細胞では赤血白血病由来のK562(47.6),Bリンパ性白血病由来のBALL1(61.0),Tリンパ性白血病由来のMOLT4F(45.7), いずれも高値を示した.AML患者の白血球中のIMP脱水素酵素のIMP,NADに対するKm値はそれぞれ,23,44μMで,キサントシン(-5'-)一リン酸(XMP)による阻害はIMPに競合的,NADHはIMP,NAD両者に混合型阻害を示した.TADの阻害はNADHと同じ形式をとったが, Ki値は0.10μMとNADH(150μM)に比べはるかに低く,高い親和性が認められた. …
  • NAID 130003356398
  • 塩蔵オキアミの利用に関する研究(第 3 報) : オキアミエキスの成分と利用(A. 生活科学)
  • 河端 信 [他],田口 邦子,大槻 耕三,田中 敬子
  • 京都府立大学学術報告. 理学・生活科学 32, 37-42, 1981-11-20
  • … 4.紫外部吸光比および紫外部吸収スペクトルの測定により, ヌクレオシドとしてウリジン, イノシン, キサントシン, グアノシンおよびアデノシン, 塩基としてグアニンの存在を確認した。 …
  • NAID 110000058065

関連リンク

CAS番号. 146-80-5 化学名: キサントシン 别名: キサントシン;2,6-ジヒドロキシ-9-β-D-リボフラノシル-9H-プリン;キサンチンリボシド;9-β-D-リボフラノシル-9H-プリン-2,6(1H,3H)-ジオン;キサントシン二水和物 英語化学名: XANTHOSINE 英語别名:
また、今回は詳しくお話しませんが、これらの因子によってキサントシンからカフェインをを用いて、この経路を試験管内 で再構成することにも成功しています。Uefuji, 2003/09/11 7 カフェイン合成系酵素遺伝子の発現 13/53 テオブロミン ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元X
拡張検索キサントシン一リン酸

X」

  [★] キサントシン, xanthosine

WordNet   license wordnet

「the 24th letter of the Roman alphabet」
x, ex

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Christ / Christian」

キサントシン一リン酸」

  [★]

xanthosine 5'-phosphate, XMP
キサントシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3