ガンシクロビル

出典: meddic

ganciclovir
9-[1,3-dihydroxy-2-propoxymethyl] guanine, 1,3-dihydroxy-2-propoxymethyl guanine
デノシンバリキサ
抗ウイルス薬ウイルス


概念

  • 抗ウイルス薬

作用機序

  • サイトメガロウイルスのUL97遺伝子にコードされるリン酸転移酵素によりガンシクロビル一リン酸となる。以降、ACVと同様の経路でDNA合成を阻害する。
  • CMV がガンシクロビルをリン酸化する酵素をコードする遺伝子を保有していることから、この酵素によりリン酸化されることによってウイルスのDNA polymeraseを阻害し、ウイルスの増殖を抑制する。

適応

副作用

  • 骨髄抑制



文献

PMID 922905459


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/21 18:43:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 免疫正常者に発症したサイトメガロウイルス網膜炎の1例
  • 菅原 道孝,本田 明子,井上 賢治,若倉 雅登
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 28(5), 702-705, 2011-05-30
  • NAID 10028248502
  • OP-017 腎移植患者におけるバルガンシクロビル経口投与薬の薬物動態とその効果の検討(腎移植1,一般演題口演,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 中川 由紀,池田 正博,田崎 正行,斎藤 和英,谷川 俊貴,西山 勉,高橋 公太
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 343, 2011-03-20
  • NAID 110008612053
  • サイトメガロウイルス感染が証明された急性出血性直腸潰瘍の2例
  • 野木 真将,宮阪 英,関岡 敏夫,田中 俊樹,熊本 新一,梶原 正章,仲井 理,山田 拓司
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 64(1), 29-34, 2011-01-01
  • … 心不全治療のため当院循環器科入院中に貧血精査目的で施行した上部消化管内視鏡検査で胃角部に地図状潰瘍を認め,露出血管に対する止血処置を行った.その後,赤黒い血便を認め大腸内視鏡検査を施行した.直腸に急性出血性直腸潰瘍を認め露出血管を凝固止血した.直腸潰瘍底から生検を行ったところ免疫染色でサイトメガロウイルス感染が証明された.ガンシクロビル投与にて直腸潰瘍の著明な縮小を認めた. …
  • NAID 10027718735

関連リンク

ガンシクロビル (Ganciclovir) は、ウイルス感染症の治療薬。 ... ガンシクロビルは、静注 または経口で使用される。 ... チミジンキナーゼの作用によりガンシクロビル5'-三リン酸 までリン酸化されると、これはDNAポリメラーゼによるdGTPの使用を完全に阻害する。
デノシン点滴静注用500mg,ガンシクロビル静注用. ... 用法/用量, 初期治療は、 ガンシクロビルとして1回体重1kg当たり5mgを1日2回、12時間毎に1時間以上かけて 、点滴静注する。維持治療は、後天性免疫不全症候群の患者又は免疫抑制剤投与中 の ...
バリキサとは?バルガンシクロビルの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べ られる(おくすり110番:薬事典版)

関連画像

バルガンシクロビルのバルガン ガンシクロビル』の画像を 図 2>アシクロビルのリン ガンシクロビルValgan, Generic Valcyte, Valganciclovir  ガンシクロビル塩酸塩 450mg 錠

添付文書

薬効分類名

  • 抗サイトメガロウイルス化学療法剤

販売名

デノシン点滴静注用500mg

組成

成分・含量(1バイアル中)

  • ガンシクロビル 500mg

添加物

  • pH調整剤(塩酸、水酸化ナトリウム)を含有する

効能または効果

  • 下記におけるサイトメガロウイルス感染症
  • ・ 後天性免疫不全症候群
  • ・ 臓器移植(造血幹細胞移植も含む)
  • ・ 悪性腫瘍


  • 本剤は先天性若しくは新生児サイトメガロウイルス感染症は効能・効果とはしていない。
  • 本剤の投与による重篤な副作用が報告されているので、サイトメガロウイルス感染症と確定診断された患者若しくは臨床的にサイトメガロウイルス感染症が強く疑われる患者において、治療上の効果が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。
  • 初期治療は、通常、ガンシクロビルとして1回体重1kg当たり5mgを1日2回、12時間毎に1時間以上かけて、点滴静注する。維持治療は、後天性免疫不全症候群の患者又は免疫抑制剤投与中の患者で、再発の可能性が高い場合は必要に応じ維持治療に移行することとし、通常、体重1kg当たり1日6mgを週に5日又は1日5mgを週に7日、1時間以上かけて点滴静注する。

維持治療中又は投与終了後、サイトメガロウイルス感染症の再発が認められる患者においては必要に応じて再投与として初期治療の用法・用量にて投与することができる。
なお、腎機能障害のある患者に対しては、腎機能障害の程度に応じて適宜減量する。

注射液の調製法

  • 1バイアル(ガンシクロビル500mgを含有)を注射用水10mLに溶解し、投与量に相当する量を1バイアル当たり通常100mLの補液で希釈する。なお、希釈後の補液のガンシクロビル濃度は10mg/mLを超えないこと。
  • サイトメガロウイルス血症の陰性化を確認した場合には、初期治療を終了すること。
  • サイトメガロウイルス網膜炎の投与期間については、国内外の学会のガイドライン等、最新の情報を参考にすること。
  • 維持治療は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ行い、不必要な長期投与は避けること。
  • 本剤投与中、好中球減少(500/mm3未満)又は血小板減少(25,000/mm3未満)等、著しい骨髄抑制が認められた場合は、骨髄機能が回復するまで休薬すること。これより軽度の好中球減少(500?1,000/mm3)及び血小板減少(50,000/mm3以下)の場合は減量すること。
  • 点滴静注によってのみ投与すること(他の投与方法では投与しないこと)。また、本剤の結晶が尿細管に沈着するおそれがあるので、十分な水分の補給を行い、尿への排泄を促すよう考慮する。
  • 腎機能障害例については、参考までに米国での標準的な本剤の減量の目安を下表に示す。

慎重投与

  • 薬剤等による白血球減少の既往歴のある患者〔本剤の投与により重篤な好中球減少が認められている。〕
  • 免疫抑制剤投与中の患者又は血小板減少(100,000/mm3未満)のある患者〔本剤の投与により重篤な血小板減少が認められている。〕
  • 腎障害のある患者〔ガンシクロビルの血中半減期の延長とクリアランスの低下の報告がある。〕
  • 肝障害のある患者〔肝機能障害を悪化させるおそれがある。〕
  • 精神病、思考異常の既往歴のある患者、薬剤による精神病反応又は神経毒性を呈したことのある患者〔精神神経系障害を悪化させるおそれがある。〕
  • 高齢者〔「高齢者への投与」の項参照〕
  • 小児等〔「小児等への投与」の項参照〕

重大な副作用

  • 骨髄抑制、汎血球減少、再生不良性貧血、白血球減少、好中球減少、貧血、血小板減少(頻度不明)
  • 血小板減少に伴う重篤な出血(消化管出血を含む)(頻度不明)
  • 腎不全(頻度不明)
  • 膵炎(頻度不明)
  • 深在性血栓性静脈炎(頻度不明)
  • 痙攣、精神病性障害、幻覚、錯乱、激越、昏睡(頻度不明)
  • 敗血症等の骨髄障害及び免疫系障害に関連する感染症(頻度不明)

薬効薬理

抗ウイルス作用4?9)

  • ヒトサイトメガロウイルスの標準株(AD169, Towne, Major, BT1943, Davis)に対するin vitroにおけるガンシクロビルのIC50値は、0.4?7.0μmol/Lであった。また、臨床分離株(後天性免疫不全症候群、ヒトサイトメガロウイルス単核症及び腎移植患者等からの分離株)に対するin vitroでのガンシクロビルのIC50値は、0.08?14μmol/Lであった。
  • マウスにマウスサイトメガロウイルスを接種し、感染後6時間目より、1?50mg/kgを1日2回、5日間皮下投与した実験では、ガンシクロビル投与群の生存率は25mg/kg以上の用量で75%以上であったが、対照(生理食塩液)群では10%であった。

作用機序10?12)

  • ガンシクロビルはサイトメガロウイルス感染細胞内においてウイルス由来のプロテインキナーゼ(UL97)にリン酸化されてガンシクロビル一リン酸になり、さらにウイルス感染細胞に存在するプロテインキナーゼにリン酸化されて活性型のガンシクロビル三リン酸になる。ガンシクロビル三リン酸はウイルスDNAポリメラーゼの基質であるデオキシグアノシン三リン酸(dGTP)の取り込みを競合的に阻害し、ガンシクロビル三リン酸がDNAに取り込まれ、ウイルスDNAの延長を停止又は制限することによってDNA鎖の複製を阻害する。

薬剤耐性13?18)

  • 免疫機能の低下した患者に発症したサイトメガロウイルス感染症の治療のためにガンシクロビルを点滴静注あるいは経口で長期間投与した場合、耐性ウイルスが検出される場合がある。耐性ウイルスには、ガンシクロビルのモノリン酸化に関与するウイルスキナーゼ(UL97)遺伝子又はウイルスDNAポリメラーゼ(UL54)遺伝子の変異がみられる。UL97遺伝子が変異したウイルスはガンシクロビルに対してのみ耐性を示し、一方、UL54遺伝子が変異したウイルスは、類似の作用機序を持つ他の抗ウイルス剤にも交差耐性を示す。

サイトメガロウイルス綱膜炎と診断されたAIDS患者にガンシクロビルが点滴静注され、3ヵ月以内の投与では耐性ウイルスは検出されなかったが、3ヵ月以上の投与では7.6%の患者に耐性ウイルスが検出された。
固形臓器移植患者に移植後10日以内から100日までガンシクロビルが経口投与され、移植後100日目に採血できた103名の血液サンプルから分離した多形核白血球について、サイトメガロウイルスの遺伝子型変異解析を実施した結果、2名にUL97耐性変異体(1.9%)が検出された。また、移植後12ヵ月までにサイトメガロウイルス感染症が疑われた患者33名の内、2名にUL97耐性変異体(6.1%)が検出されたが、UL54耐性変異体は検出されなかった。

有効成分に関する理化学的知見

○分子式

  • C9H13N5O4

○分子量

  • 255.23

○性状

  • ・ 白色?灰白色又は淡黄白色の結晶性の粉末である。
  • ・ 水に溶けにくく、メタノール又はエタノール(95)に極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
  • ・ 希塩酸又は希水酸化ナトリウム試液にやや溶けにくく、0.005mol/Lリン酸二水素アンモニウム溶液に溶けにくい。
  • ・ 吸湿性である。


★リンクテーブル★
先読みバリキサ
国試過去問106D048」「108A052」「101A013」「105D037」「100A015」「106A029」「102I076」「106I072
リンク元性器ヘルペス」「サイトメガロウイルス肺炎」「サイトメガロウイルス感染症」「サイトメガロウイルス網膜炎」「ganciclovir
拡張検索バルガンシクロビル」「バルガンシクロビル塩酸塩」「塩酸バルガンシクロビル
関連記事シクロ」「ガン」「ビル

バリキサ」

  [★] バルガンシクロビル


106D048」

  [★]

  • 70歳の女性。呼吸困難を主訴に来院した。 3週前に感冒様症状が出現し、自宅近くの診療所抗菌薬漢方薬とを処方された。その後も症状は改善せず、乾性咳嗽呼吸困難とが増悪したため、紹介されて受診した。紹介の時点で、診療所の医師から薬の内服を中止するよう指示されたという。意識は清明。体温36.9℃。脈拍88/分、整。血圧122/86mmHg。呼吸数22/分。 SpO2 92%(room air)。聴診で両側の胸部にfine cracklesを聴取する。喀痰検査: Gram染色で有意な菌を認めない。 Ziehl-Neelsen染色でGaffky0号。血液所見:赤血球456万、 Hb 12.5g/dl、Ht42%、白血球13,140(桿状核好中球10%、分葉核好中球50%、好酸球26%、単球4%、リンパ球10%)、血小板26万。血液生化学所見:総蛋白7.3g/dl、アルブミン3.5g/dl、総ビリルビン1.7mg/dl、 AST85IU/l、 ALT63IU/l、 LD619IU/l(基準176-353)、 ALP385IU/l(基準115-359)、 γ-GTP171 IU/l(基準8-50)。免疫学所見: CRP5.2mg/dl。 KL-6 733U/ml(基準500未満)。サイトメガロウイルス抗原血症(C7-HRP)(-)、 β-D-グルカン8pg/ml(基準10以下)、アスペルギルス抗原陰性。クラミジア・ニューモニエ抗体価とマイコプラズマ抗体価との有意な上昇を認めない。動脈血ガス分析(自発呼吸、 room air) : pH7.50、 PaO2 65Torr、PaCO2 28Torr、 HCO3- 21mEq/l。胸部エックス線写真で両肺野に浸潤影を認める。胸部単純CT(別冊No. 19)を別に示す。
  • 治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D047]←[国試_106]→[106D049

108A052」

  [★]

  • 30歳の男性。乾性咳嗽労作時呼吸困難とを主訴に来院した。 8か月前と 4か月前に発熱咳嗽とを自覚し、自宅近くの診療所で急性気管支炎と診断されて抗菌薬を投与され、 5日ほどで軽快した。 2か月前から乾性咳嗽を自覚し同じ診療所で鎮咳薬を処方されたが改善しなかった。 2週前から労作時呼吸困難を自覚するようになり受診した。意識は清明。身長 170 cm、体重 69 kg。体温 36.3℃。脈拍 80/分、整。血圧 110/68 mmHg。呼吸数 22/分。 SpO2 98% ( room air)。舌に白苔を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球 480万、 Hb 15.2 g/dl、Ht43%、白血球 4,800(桿状核好中球 5%、分葉核好中球 74%、好酸球 3%、好塩基球 1%、単球 7%、リンパ球 10% )、 CD4陽性細胞数 60/mm3(基準 800~1,200)、血小板 19万。血液生化学所見:総ビリルビン 0.6 mg/dl、AST 36 IU/l、ALT 15 IU/l、LD 418 IU/l(基準 176~353)、尿素窒素 9 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、KL-62,450 U/ml(基準 500未満 )。免疫血清学所見: CRP 0.4 mg/dl、β-D-グルカン 540pg/ml(基準 10以下 )。動脈血ガス分析 ( room air): pH 7.46、PaCO2 38 Torr、PaO2-93 Torr、HCO3 26 mEq/l。胸部エックス線写真で淡いすりガラス陰影を認める。肺野条件の胸部単純 CT(別冊 No.25A、B)を別に示す。
  • 治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A051]←[国試_108]→[108A053

101A013」

  [★]

  • 58歳の男性。発熱を主訴に来院した。3か月前から37℃台の微熱、全身倦怠感および食思不振を自覚し、体重が5kg減少した。1週前から乾性咳嗽と息切れとが出現し、増悪してきた。3日前から38℃を超す弛張性の発熱が連日続いている。
  • 多数のパートナーとの性的接触があった。意識は清明。身長165cm、体重53kg。体温38.7℃。脈拍84/分、整。血圧130/80mmHg。心雑音は認めない。両側背部に吸気時の軽度のcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。皮膚所見も正常である。血液所見:赤血球331万、Hb9.9g/dl、Ht29%、白血球5,300(桿状核好中球5%、分葉核好中球40%、好酸球14%、好塩基球0%、単球13%、リンパ球28%)、血小板14万、CD4陽性細胞数213/μl(基準800~1,200)。LDH380IU/l(基準176~353)。CRP9.8mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.50、PaO2 63Torr、PaCO2 32Torr。胸部エックス線写真で左肺に淡い浸潤影を認める。気管支鏡下肺胞洗浄液細胞診所見(Grocott染色標本)を以下に示す。
  • 肺病変に対する治療として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A012]←[国試_101]→[101A014

105D037」

  [★]

  • 53歳の女性。 3日前からの発熱を主訴に来院した。 2週前から空咳と労作時の息切れとを自覚していた。 6か月前から関節リウマチの診断で抗リウマチ薬副腎皮質ステロイドとを服用し、症状は安定している。胸部エックス線写真で異常を指摘されたことはない。意識は清明。体温38.4℃。呼吸数24/分。脈拍96/分、整。血圧122/78mmHg。両側肺野にfine cracklesを聴取する。白血球8,600(桿状核好中球2%、分葉核好中球74%、好酸球3%、単球5%、リンパ球16%)。LD 450IU/l(基準176-353)。免疫学所見:CRP 11.8mg/dl、β-D-グルカン 6pg/ml(基準10以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.40、PaC02 35Torr、PaO2 76Torr、HCO3- 20.9mEq/l。受診時の胸部エックス線写真で両側肺野にびまん性すりガラス陰影を認める。胸部単純CT(別冊No.12)を別に示す。気管支肺胞洗浄液の細胞診にて核内封入体を認める。
  • 治療方針として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105D036]←[国試_105]→[105D038

100A015」

  [★]

  • 20歳の女性。咳を主訴に来院した。3日前から乾性咳嗽が出現し、2日前から発熱、頭痛および前胸部痛がある。抗菌薬の投与を受けたが改善しない。10日前から喫煙を始めた。ペットは飼育していない。アレルギー性鼻炎がある。意識は清明。身長154cm、体重48kg。体温36.9℃。脈拍104/分、整。血圧120/80mmHg。両側下肺野にcracklesを聴取する。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球394万、Hb13.8g/dl、Ht42%、白血球12,200(桿状核好中球12%、分様核好中球24%、好酸球56%、単球1%、リンパ球7%)、血小板37万、気管支肺胞洗浄液中の好酸球が80%を占めている。胸部エックス線写真と胸部単純CTとを以下に示す。
  • 治療薬はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100A014]←[国試_100]→[100A016

106A029」

  [★]

  • 65歳の男性。 10日前から市中肺炎の治療のため入院中である。肺炎は第三世代セフェム系抗菌薬による治療で軽快し、 3日前に投薬終了となった。 2日前から下痢が出現し、昨日は下痢が10回以上認められた。
  • 体温37.2℃。脈拍96/分、整。血圧128/80mmHg。呼吸数16/分。胸部に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。腸雑音の亢進を認める。直腸指診で異常を認めない。下部消化管内視鏡写真(別冊No. 7)を別に示す。
  • 治療のために経口投与するのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A028]←[国試_106]→[106A030

102I076」

  [★]

  • 26歳の男性。腹痛と血便とを主訴に来院した。5日前から左下腹部痛と粘血便とを認めた。1か月前にインド旅行をした。身長170cm、体重68kg。体温36.5℃。脈拍84/分、整。血圧118/62mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。腹部全体に軽度の圧痛を認める。筋性防御を認めない。大腸内視鏡写真(S状結腸)と新鮮便の顕微鏡写真とを以下に示す。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 102I075]←[国試_102]→[102I077

106I072」

  [★]

  • 78歳の女性。左耳の痛みと左顔面の動かしにくさとを主訴に来院した。今朝から左難聴耳鳴および回転性めまいを自覚している。顔面の写真(別冊No. 19A)と口腔内の写真(別冊No. 19B)とを別に示す。
  • 副腎皮質ステロイドと併用する治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I071]←[国試_106]→[106I073

性器ヘルペス」

  [★]

genital herpes, genital herpes simplex
herpes genitalis
陰部疱疹陰部ヘルペス
単純ヘルペス単純ヘルペスウイルス
[show details]


  • 単純ヘルペスの感染症の一型

病原体

  • HSV-2が原因であることが多い。HSV-1が原因であることもある。
  • 日本女性の初感染はHSV-1(やや多い)、HSV-2。再感染はほとんどがHSV-2。(出典不明)

疫学

  • 思春期以降に発生することがある

潜伏期

  • 4-7日(IRE.944)

症候

  • 感染部位:(男性)陰茎。(女性)陰唇、陰裂。尿道にも起こりうる。
NDE. 425
初感染型と再発型がある
  • (初感染)発熱、倦怠感、髄膜炎(HSV-2)、腎不全  ←  初感染では重症化しやすい
  • 鼡径リンパ節の有痛性腫大
  • 感染部位(外陰部):小水疱→ 小潰瘍 → 疼痛
  • 男子:亀頭、包皮
  • 女子:陰唇、会陰部
  • 排尿困難

検査

  • 水疱、海洋底から検体を採取してツァンク法による塗沫標本を作成し、ライト染色、ギムザ染色により多核巨細胞を証明する。

治療

経過

  • 2-4週間で治癒

後遺症

  • 排尿障害
  • 仙骨神経叢の障害

予後

  • 再発がありうる。再発は1年以内に発症し、1-4ヶ月以内が多い。再発の頻度は個人差が多いが4-7回/年である。

鑑別


サイトメガロウイルス肺炎」

  [★]

cytomegalovirus pneumonitis, cytomegalovirus pneumonia
サイトメガロウイルス日和見感染症

病原体

病因

  • サイトメガロウイルスはあらゆる部位で潜伏感染しているが、免疫が低下した状態(臓器移植のための免疫抑制投与、悪性腫瘍、エイズ)で活性化する。

症状

間質性肺炎様症状
  • 発熱、咳嗽、労作時息切れ、呼吸困難

治療

  • ガンシクロビル

検査

  • 胸部X線写真:びまん状すりガラス陰影、びまん性間質性陰影
  • 胸部CT:
[show details]
  • 気管支肺胞洗浄液
核内封入体(ウイルス封入体、owl's eye)
[show details]
  • 血清からのウイルス分離、PCR法によりウイルスゲノムの検出、ウイルス抗体の検出、組織からのウイルス封入体の検出

国試



サイトメガロウイルス感染症」

  [★]

cytomegalovirus infection
CMV感染症
サイトメガロウイルス巨細胞封入体症

先天性CMV感染症

  • 先天性巨細胞封入体症
  • 妊婦がサイトメガロウイルスの初感染、再感染、あるいは再活性化により経胎盤的に胎児に感染する。妊婦が初感染の場合には重症となる。
  • 症状:低出生体重、黄疸、出血斑、肝脾腫、小頭症、脳内石灰化/脳室周囲石灰化、肝機能異常、血小板減少、難聴、脈絡網膜炎、DIC、知的障害
  • 出生時には無症状~一部の症状のみ呈する場合がある。
  • 後遺症:難聴、神経学的後遺症

治療




サイトメガロウイルス網膜炎」

  [★]

cytomegalovirus retinitis,
サイトメガロウイルス性網膜炎
網膜炎サイトメガロウイルス日和見感染症

特徴

症状

  • 網膜滲出斑、網膜出血、網膜血管炎

治療

-CMV網膜炎


ganciclovir」

  [★] ガンシクロビル GCV


バルガンシクロビル」

  [★]

valganciclovir
バルガンシクロビル塩酸塩 塩酸バルガンシクロビル valganciclovir hydrochloride
バリキサ Valixa
抗ウイルス薬サイトメガロウイルス



バルガンシクロビル塩酸塩」

  [★] バルガンシクロビル


塩酸バルガンシクロビル」

  [★] バルガンシクロビル

シクロ」

  [★]

cyclo
環状サイクロ

ガン」

  [★]

cancer
がん

ビル」

  [★]

building
建物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡