ガルヴァーニ疼痛

出典: meddic

和文文献

関連リンク

痛みに対して電気を用いるという考えは古来より存在し、西暦46年にはシビレエイから の電気放電を利用したという記録がある。1791年にはルイージ・ガルヴァーニが動物 電気を発見した。次いでボルタが蓄電池の原型装置を考案し、数年後にはガルバニーが  ...
2008年11月23日 ... そこで質問なのですが、ネットでいろいろ調べてみたのですが金属の微妙な違いにより、 ガルバニ電流が発生し肩こり・ひざの痛み・頭痛・神経症状(水銀毒・重金属毒)・ うつ・ 立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調症などの症状が出て来るとこと ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事疼痛」「

疼痛」

  [★]

pain, dolor
痛み
痛覚 pain sensation

疼痛

疼痛の伝達

  • Aδ線維
  • C線維

疼痛の調節

  • ゲートコントロール:Aδ線維とC線維による痛みはAβ線維による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系:下行性疼痛抑制系神経系による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系は中脳水道周辺灰白質からの脊髄への入力からなる。具体的には大縫線核(セロトニン作動性)、巨大細胞網様核・傍巨大細胞網様核(ノルアドレナリン作動性)がの2系統が起点となる。抗うつ薬はこれらの神経伝達物質の再吸収を妨げ鎮痛作用を発揮する。




痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡