ガルヴァーニ

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/14 23:05:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 書評 この本を若い人たちにすすめたい[神経インパルス物語 : ガルヴァーニの火花からイオンチャネルの分子構造まで Alan J. McComas(著) 酒井正樹・高畑雅一(訳)]
  • 小泉 修
  • 比較生理生化学 = Comparative physiology and biochemistry 31(2), 93-95, 2014
  • NAID 40020142304
  • ヨーハン・ヴィルヘルム・リッターのガルヴァニズム研究
  • 佐藤 朋之
  • 上智大学ドイツ文学論集 (46), 71-109, 2009
  • NAID 40016995895

関連リンク

ルイジ・ガルヴァーニは、1737年に生まれ、イタリアのボローニア大学の産科学教授であり、解剖学を中心に研究を行っていました。物理学者というよりは、お医者さん、生理学者ですね。彼の関心は、筋肉の運動や神経の仕組みに ...
ガルバーニの蛙の脚の実験 top map map1 電気の基礎知識 ガルバーニ(Luigi Galvani 1737/9/9-1798/11/4)かなり昔から電気うなぎのような動物が電気を発生させることが知られていたようでして、 1780年末から、筋肉の刺激反応等を、蛙 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡