ガル

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/05 10:56:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アートな時間 映画 ゴーン・ガール : ドライな監督が撮ったあくどい毒蛇たちの戦い
  • フラガールとの五十年

関連リンク

BMW Motorad 専門店ガルのホームページです。 ガルはBMW Motorrad 専門店です。 HOME ショップ案内 中古車情報 サービス ブログ 営業カレンダー M E N U HOME ショップ案内 中古車情報 サービス ブログ 豊富な経験と確かな技術 ...
全国拠点124の広域な調査ネットワークの探偵社は調査力が違います! 当探偵社が運営する「ガル探偵学校」を卒業した知識と経験のある探偵にご相談ください。ご相談・お見積りは無料です。

関連画像

ガルちゃんで絶対に見るトピ ガル・ガドット、ワンダー シネマトゥデイ』 2014年1月29 ガルちゃんの皆さんが思う裏表

添付文書

薬効分類名

  • α-ガラクトシダーゼ酵素製剤

販売名

リプレガル点滴静注用3.5mg

組成

有効成分

  • 1バイアル(3.5mL)中
    アガルシダーゼ アルファ(遺伝子組換え)  3.5mg

添加物

  • 1バイアル(3.5mL)中
     塩化ナトリウム  31mg
     リン酸二水素ナトリウム一水和物  12mg
     ポリソルベート20  0.8mg
     pH調節剤  適量

禁忌

  • 本剤の成分又はα-ガラクトシダーゼ製剤に対するアナフィラキシーショックの既往歴のある患者〔「重要な基本的注意」の項参照〕

効能または効果

  • ファブリー病
  • 本剤はファブリー病と確定診断された患者にのみ使用すること。
  • 心臓にのみ病変が認められる亜型のいわゆる心ファブリー病患者での安全性及び有効性は確立していない。
  • 通常、アガルシダーゼ アルファ(遺伝子組換え)として、1回体重1kgあたり0.2mgを隔週、点滴静注する。

投与速度

  • 投与速度が速いとinfusion related reactionが発現しやすいので、投与は40分以上かけて行うこと。

希釈方法

  • 患者の体重あたりで計算した本剤〔アガルシダーゼ アルファ(遺伝子組換え)として1mg/mLの溶液〕の必要量を用時にバイアルから採取し、100mLの日局生理食塩液に加えて希釈する。
  • 本剤は保存中に少量の微粒子を生じることがあるため、本剤投与時には0.2μmのインラインフィルターを通して投与すること。

慎重投与

  • 本剤の成分又はα-ガラクトシダーゼ製剤に対する過敏症の既往歴のある患者〔「重要な基本的注意」の項参照〕

重大な副作用

アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • 観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • アガルシダーゼ アルファ(遺伝子組換え)は、ヒトリソソーム加水分解酵素であり、CTHの末端にα-グリコシド結合したガラクトース残基を切り離す酵素活性を有する。糖たん白質であるアガルシダーゼ アルファ(遺伝子組換え)は、その糖鎖のマンノース-6-リン酸残基が細胞表面のマンノース-6-リン酸レセプターに結合することにより細胞内に取り込まれる6)
    アガルシダーゼ アルファ(遺伝子組換え)をα-ガラクトシダーゼAノックアウトマウスに投与した時、肝臓、心臓及び腎臓等に分布し、これらの臓器に蓄積したCTHの量が減少した。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アガルシダーゼ アルファ(遺伝子組換え)
    Agalsidase Alfa (Genetical Recombination)

化学名(本質)

  • α-ガラクトシダーゼA遺伝子の増幅によってα-ガラクトシダーゼAの発現が増加しているヒト線維肉腫細胞株(HT-1080)由来細胞株により産生される398個のアミノ酸残基(C2029H3080N544O587S27;分子量:45,351.21, 1個又は2個のC末端アミノ酸残基が欠落しているものを含む)からなるサブユニット2つより構成される糖たん白質(分子量:約102,000)


★リンクテーブル★
拡張検索カンガルー科」「ベンガルコレラ」「スタガルト-黄色斑眼底群」「ガルタF」「スタガルト病

カンガルー科」

  [★]

Macropodidae
カンガルー属カンガルーワラビー

ベンガルコレラ」

  [★]

Vibrio cholerae O139
O139コレラ菌コレラ菌O139


スタガルト-黄色斑眼底群」

  [★]

Stargardt-fundus flavimaculatus group
シュタルガルト病

ガルタF」

  [★] チアミンジスルフィド


スタガルト病」

  [★] シュタルガルト病




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡