カーネーション潜在ウイルス

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Strawberry pseudo mild yellow edge virus の精製と理化学的および血清学的性質
  • 吉川 信幸,井上 忠男
  • 日本植物病理學會報 52(4), 643-652, 1986-10-25
  • Strawberry pseudo mild yellow edge virus (SPMYEV) がイチゴ (品種; 宝交早生) から分離された。SPMYEVは汁液伝搬されなかったが, イチゴケナガアブラムシとワタアブラムシにより Fragaria 属植物に容易に伝搬された。感染葉の dip試料および超薄切片を電顕観察すると, ひも状のウイルス様粒子が検出された。この粒子は健全葉では検出されない …
  • NAID 110002747208

関連リンク

感染したウイルスの種類(下記)によってさまざまな症状が見られる。CaLVは単独では病徴は現れず、ほかのウイルスと重複感染するとその症状を激しくする傾向がある。CaMVは葉にかすかな斑紋、条斑またはモザイクを生じる。
5.ウイルス病 ・CaERV(カーネーションエッチドリングウイルス) ・CaLV(カーネーション潜在ウイルス) ・CarMV(カーネーション斑紋ウイルス) ・CNFV(カーネーションえそ斑ウイルス) ・CaVMV ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ウイルス」「潜在」「カーネーション

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。





潜在」

  [★]

latent
潜在性潜伏不顕性潜在型


カーネーション」

  [★]

carnation
ダイアンサス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡