カルモジュリン依存性プロテインキナーゼII

出典: meddic

calmodulin-dependent protein kinase IIcalmodulin kinase IICaM kinase IICaMKII
カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ2型CaMキナーゼIIカルモジュリンキナーゼIIカルモジュリン依存性キナーゼII

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヘパリンによるラット肝細胞からの肝性リパーゼ活性放出機構に、Ca^<2+>/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼIIが含まれる。(発表論文抄録(2005))
  • 田頭 尚士,Nakahigashi Shinji,螻川内 理恵,本屋敷 敏雄,森田 哲生
  • 福山大学薬学部研究年報 24, 55, 2006
  • NAID 110007408812
  • 脳スライスにおけるシナプス可塑的変化とてんかん波
  • 夏目 季代久,緒方 元気
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 104(472), 65-69, 2004-11-20
  • 海馬で観察される神経リズムは,海馬神経回路内のインタラクトームと密接に関わっている。シナプス長期増強(LTP)に関わっているLTPインタラクトームは、シナプス後細胞にあるNMDA受容体と、細胞内Ca^<2+>/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼII(CaMKII)からなる。我々は、モルモット海馬スライスに、GABA_A阻害薬であるBicucullineを投与する事により生じるてんか …
  • NAID 110003292659

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元CaM kinase II」「カルモジュリンキナーゼII」「CaMキナーゼII」「CaMKII」「calmodulin kinase II
関連記事リン」「依存」「I」「II」「プロテインキナーゼ

CaM kinase II」

  [★]

calcium-calmodulin-dependent protein kinase type 2calmodulin kinase IIcalmodulin-dependent protein kinase II、CaM KII、CaMKII


カルモジュリンキナーゼII」

  [★]

calmodulin kinase IICaM kinase IICaMKII、CaM KII
カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ2型CaMキナーゼIIカルモジュリン依存性プロテインキナーゼIIカルモジュリン依存性キナーゼII


CaMキナーゼII」

  [★]

(n
カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ2型カルモジュリン依存性プロテインキナーゼIIカルモジュリンキナーゼIIカルモジュリン依存性キナーゼII


CaMKII」

  [★]

calcium-calmodulin-dependent protein kinase type 2calmodulin kinase IIcalmodulin-dependent protein kinase II、CaM KII、CaM kinase II


calmodulin kinase II」

  [★]

calmodulin-dependent protein kinase II、CaM KII、CaM kinase IICaMKII

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

II」

  [★]

プロテインキナーゼ」

  [★]

protein kinase
蛋白質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素
キナーゼ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡