カルモジュリン依存性プロテインキナーゼI

出典: meddic

calmodulin-dependent protein kinase Icalmodulin kinase ICaM kinase ICaMKI
カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ1型カルモジュリンキナーゼIカルモジュリン依存性キナーゼICaMキナーゼI

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

そのうち特に重要な経路のひとつが、Ca 2+ /カルモジュリン依存性プロテインキナーゼII(CaMKII)の活性化です。CaMKIIは神経細胞に豊富に存在し、神経伝達物質合成酵素やシナプス小胞結合蛋白、イオンチャネル、神経伝達物質 2+ ...
(1)日本語総説 茂里 康、石田敦彦、末吉紀行、亀下 勇 "Ca2+/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼによるシグナル伝達 ースイッチオン/オフの制御機構と疾患とのかかわりー" 蛋白質核酸酵素 53, 1360-1367(2008) 末吉紀行、二村 ...

関連画像

Ca2+/カルモジュリン依存性 Ca 2+ /カルモジュリン依存性  CaM依存性プロテインキナーゼ CaM依存性プロテインキナーゼCa2+/カルモジュリン 依存 性  依存性プロテインキナーゼ


★リンクテーブル★
リンク元CaM kinase I」「カルモジュリン依存性キナーゼI」「calmodulin-dependent protein kinase I」「カルモジュリンキナーゼI」「CaMKI
拡張検索カルモジュリン依存性プロテインキナーゼII」「カルモジュリン依存性プロテインキナーゼIV
関連記事リン」「依存」「I」「プロテインキナーゼ」「キナーゼ

CaM kinase I」

  [★]

calcium-calmodulin-dependent protein kinase type 1calmodulin kinase Icalmodulin-dependent protein kinase I、CaM KI、CaMKI

カルモジュリン依存性キナーゼI」

  [★]

calmodulin-dependent protein kinase ICaM kinase I
カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ1型カルモジュリンキナーゼIカルモジュリン依存性プロテインキナーゼICaMキナーゼI

calmodulin-dependent protein kinase I」

  [★]

calcium-calmodulin-dependent protein kinase type 1calmodulin kinase ICaM kinase ICaMKI

カルモジュリンキナーゼI」

  [★]

calmodulin kinase ICaM kinase I、CaM KI、CaMKI
カルモジュリン依存性キナーゼIカルモジュリン依存性プロテインキナーゼICaMキナーゼI

CaMKI」

  [★]

calmodulin kinase Icalmodulin-dependent protein kinase I、CaM KI、CaM kinase I

カルモジュリン依存性プロテインキナーゼII」

  [★]

calmodulin-dependent protein kinase IIcalmodulin kinase IICaM kinase IICaMKII
カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ2型CaMキナーゼIIカルモジュリンキナーゼIIカルモジュリン依存性キナーゼII


カルモジュリン依存性プロテインキナーゼIV」

  [★]

calmodulin-dependent protein kinase IVCaMKIV、CaM KIV
カルシウム・カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ4型カルモジュリン依存性キナーゼIVカルモジュリンキナーゼIVCaMキナーゼIV

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

プロテインキナーゼ」

  [★]

protein kinase
蛋白質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素
キナーゼ


キナーゼ」

  [★]

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡