カルベニシリン

出典: meddic

carbenicillin
carbenicillinum
カルボキシベンジルペニシリン carboxybenzyl penicillin CBPC
Geopen, Geocillin
カルベニシリンナトリウム carbenicillin sodium


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/04 17:51:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アグロバクテリウムを用いたトレニア形質転換体の作出
  • 間 竜太郎,柴田 道夫
  • Breeding science 45(1), 71-74, 1995-03-01
  • … 500の外植片をアグロバクテリウム液に5分間浸し感染させた後,Murashige and Skoog(MS)培地にベンジルアデニン(BA)1mg/lとアセトシリンコン 20μMを添加した培地で7日聞共存培養した.その後,外植庁はMS培地にBAlmg/l,カルベニシリン100mg/lそしてカナマイシン300mg/lを添加した選抜培地に移し,2週間ごとに同組成の培地に移しながら培養した.感染から2週間後,淡い緑色の不定芽が形成されたが,これらの不定芽はしだいに脱色し枯死した. …
  • NAID 110001807982
  • 液体回転培養による形質転換カルスの選抜と形質転換キュウリの獲得
  • 田部井 豊,西尾 剛,栗原 一徳,菅野 紹雄
  • 育種学雑誌 44(1), 47-51, 1994-03-01
  • … マイシンで選抜を行った全ての濃度区おいて,80〜85%のカルス形成率を示し(Table3),高率かつ安定してハイクロマイシン抵抗性カルスが誘導された.20mg/lハイクロマイシンで選抜された抵抗性カルスを,500mg/lカルベニシリンと20mg/1ハイクロマイシンを含む不定胚誘導培地(Ms寒天培地,20mg/lNAA,0.5mg/lBA)に置床し,不定胚の誘導を試みた.誘導された不定胚は,20mg/lハイクロマイシンを含むMS寒天培地に移植し不定胚の生育と発汗を促 …
  • NAID 110001807758

関連リンク

初期に開発されたアンピシリンなどは、グラム陰性菌の中でも特に薬剤への自然抵抗性 が強い緑膿菌には無効であったが、後に緑膿菌にも有効なカルベニシリンが開発された 。基本的には合成ペニシリンでありアミノ基をもつ。点滴薬のアンピシリン(商品名: ...

関連画像

ペニシリン製剤の構造式 [ 編集 ペニシリン製剤の構造式 [ 編集 ペニシリン製剤の構造式 [ 編集 ペニシリン製剤の構造式 [ 編集 ペニシリン製剤の構造式 [ 編集


★リンクテーブル★
先読みCBPC」「carboxybenzyl penicillin
リンク元geocillin」「geopen
関連記事リン

CBPC」

  [★] カルボキシベンジルペニシリン carboxybenzyl penicillin


carboxybenzyl penicillin」

  [★] カルボキシベンジルペニシリン CBPC


geocillin」

  [★] カルベニシリン carbenicillin


geopen」

  [★] カルベニシリン carbenicillin


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡