カルバモイル基転移

出典: meddic


和文文献

  • オルニチンカルバモイル基転移酵素(OCT) (酵素検査法(特集)) -- (生化学)

関連リンク

カルバモイルキテンイ 【英】transcarbamoylation 基質にカルバモイル基(NH2CO-)を転移する反応をいう.この反応は,トランスカルバミラーゼtranscarbamylaseという酵素群によって触媒される.カルバモイル基の供与体は,カルバモイル ...
... )はEC番号2.1.3に分類される転移酵素で、主にカルバモイルリン酸を介したカルバモイル基の転移 反応をつかさどる。 カルバミン酸のエステル(カルバメート)で最も簡単なエステルはカルバミン酸メチルである ...

関連画像

尿素回路 ‐ 通信用語の基礎 タンパク質・アミノ酸の異化 アンモニアの除去系としては  による野球肘,肩,腰,サッカー膝File:Urea cycle 2.png - Wikipedia, the


★リンクテーブル★
拡張検索カルバモイル基転移酵素」「アスパラギン酸カルバモイル基転移酵素」「オルニチンカルバモイル基転移酵素欠損症」「オルニチンカルバモイル基転移酵素
関連記事転移」「カルバモイル

カルバモイル基転移酵素」

  [★]

carbamoyltransferase
カルボニル基およびカルバモイル基転移酵素カルバモイル転移酵素カルバモイルトランスフェラーゼ


アスパラギン酸カルバモイル基転移酵素」

  [★]

aspartate transcarbamylaseaspartate carbamoyltransferase
アスパラギン酸カルバモイルトランスフェラーゼ


オルニチンカルバモイル基転移酵素欠損症」

  [★]

ornithine carbamoyltransferase deficiency disease
オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ欠損症

オルニチンカルバモイル基転移酵素」

  [★]

ornithine carbamoyltransferase
オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ


転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition


カルバモイル」

  [★]

carbamoyl
NH2CO-




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡