カルバマゼピン中毒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-006 薬剤性肝障害に伴う意識障害が疑われたカルバマゼピン中毒の1例(一般演題 ポスター発表,調剤・処方鑑査・リスクマネジメント,医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合)
  • 大植 謙一,東村 舞,本西 哲,本間 信次,長瀧 真実,渡邉 響子,高木 雅代,寺澤 美智代,木崎 秀和,齋藤 佳代,川瀬 泰裕,澤谷 佳美,廣田 育彦
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 19, 293, 2009-09-15
  • NAID 110007484642

関連リンク

中毒発現の目安は15µg/mlとされている。 ◎個人差が大きい。 水に溶けにくいため、細 粒と錠剤がある。内服後の吸収に個人差がある。 ◎中毒濃度に達すれば、めまい・運動 失調・過度の鎮静・複視・眼振などが起こる。 (遊離カルバマゼピン)・・・トラフ ...

関連画像

ROPPONGI事情タグ: 急性薬物中毒図 ノモグラム)Cocolog_oekaki_2010_01_25_16_30


★リンクテーブル★
関連記事カルバマゼピン」「中毒」「

カルバマゼピン」

  [★]

carbamazepine, CBZ
Epitol, テグレトール TegretolレキシンテレスミンEpitol
抗痙攣薬抗てんかん薬抗躁薬

特徴

構造

  • イミノスチルベン系

作用機序

薬理作用

  • 鎮静作用、抗コリン作用、骨格筋弛緩作用、抗不整脈作用、抗利尿作用

適応




中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡