カルネキシン

出典: meddic

calnexin


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 化学で拓く糖タンパク質品質管理
  • Totani Kiichiro
  • Trends in glycoscience and glycotechnology 22(126), 296-307, 2010-11-30
  • … 例えば、カルネキシン (CNX) やカルレティキュリン (CRT) はモノグルコシル化高マンノース糖鎖を認識する分子シャペロンである。 …
  • NAID 10027893312
  • 2P-1009 酵母Saccharomyces cerevisiaeで発現させた鶏卵白リゾチームの構造安定性とカルネキシンとの相互作用との相関(1a分類,系統,遺伝学,一般講演,遺伝学,分子生物学および遺伝子工学,伝統の技と先端科学技術の融合)
  • 鶴永 雄太,興梠 祐樹,カジ モスタフィズル,加藤 昭夫,阿座上 弘行
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成22年度, 11, 2010-09-25
  • NAID 110008084376
  • 2G11-4 酵母のタンパク質品質管理機構におけるカルネキシンの役割(有機化学・高分子化学,その他,一般講演)
  • 松尾 亮平,山下 祐一郎,上原 正義,加藤 昭夫,阿座上 弘行
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成19年度, 159, 2007-08-02
  • NAID 110007322683

関連リンク

ERの種々の分子シャペロン(Bip、カルネキシン(calnexin)、カルレティキュリン(calreticulin)など)が、ミスフォールディングタンパク質や完成されていないタンパク質の認識および保持に ...
カルネキシン/カルレティキュリン: カルネキシン/カルレティキュリン サイクルによる糖タンパク質の折りたたみ カルネキシン(CNX)とカルレティキュリン(CRT)は互いに相同性のあるレクチン様分子シャペロンである。

関連画像

カルネキシン マウスEDEMタンパク質の機能 粗面小胞体のタンパク質 図3 ERdj5が促進する小 カルネキシン はじめに -小胞体品質管理と


★リンクテーブル★
関連記事ネキシン

ネキシン」

  [★]

nexine, nexin




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡