カルニチンアシルトランスフェラーゼ

出典: meddic

carnitine acyltransferase
カルニチンアシル基転移酵素

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

マロニル-CoAは、CPT-I(カルニチンアシルトランスフェラーゼI )の活性をアロステリックに阻害する。その結果、脂肪酸は、ミトコンドリア内への取り込み(脂肪酸分解)が抑制され、細胞質ゾルに留まる(インスリンは結果的にCPT-Iを ...
栄養・生化学辞典 アシルカルニチンの用語解説 - 脂肪酸がミトコンドリア内膜へ運搬される場合,カルニチンと結合して生成する化合物.カルニチンアシルトランスフェラーゼによりアシルCoAとカルニチンから作られる.

関連画像

Acetyl) L-carnitine is..花王 クロロゲン酸類の体脂肪 永田純一 による2005/07/26 1:05:57 を 抑制 し 脂肪酸 の β 酸化 を カルニチン - Wikipedia肝細胞では、絶食時(血糖低下


★リンクテーブル★
リンク元carnitine acyltransferase」「カルニチンアシル基転移酵素
関連記事カルニチン」「トランス

carnitine acyltransferase」

  [★]

カルニチンアシル基転移酵素カルニチンアシルトランスフェラーゼ


カルニチンアシル基転移酵素」

  [★]

carnitine acyltransferase
カルニチンアシルトランスフェラーゼ


カルニチン」

  [★]

carnitine
ビタミンBT vitamin BT
塩化カルニチン carnitine chloride
アベダインエントミン
カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ
  • (CH3)3N+CH2CH(OH)CH2COO-、C7H15NO3。



トランス」

  [★]

transt-、(心理)trance = 催眠状態 = トランス状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡