カルデスモン

出典: meddic

caldesmon




caldesmon


-caldesmon


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肝および副腎合併切除を行った下大静脈原発平滑筋肉腫の1例
  • 菱田 光洋,竹田 伸,杉本 博行,小林 昌義,古森 公浩,小寺 泰弘
  • 日本臨床外科学会雑誌 75(5), 1208-1212, 2014
  • … 尾状葉切除術を施行した.下大静脈はGoreTex graft(リング付き,直径2cm,長さ約10cm)にて再建した.病理組織学的に,下大静脈内腔より発生・増殖しており,免疫組織染色にてS-100・CD34・CD56陰性,αSMA・カルデスモン陽性にて,下大静脈原発平滑筋肉腫と診断した.経過良好で,術後2年6カ月経過し再発は認めていない.下大静脈原発の平滑筋肉腫は比較的稀な疾患であり,今回手術を施行した1例を経験したので報告す …
  • NAID 130004706264
  • 気管支型平滑筋腫?14例の臨床病理学的および免疫組織化学的検討?
  • 冨地 信和,守 義明,平野 春人,宇部 健治,小野 貞英,武内 健一,大浦 裕之,石川 一郎
  • 肺癌 52(1), 1-9, 2012
  • … め,生検組織にて13例で気管支型平滑筋腫と病理診断ができた.組織学的に,気管支上皮下に異型のない紡錐形細胞が束状ないし交錯して増殖していた.免疫組織化学的に,腫瘍細胞はα-SMA,デスミン,カルデスモン,HHF35に陽性を示し,エストロゲンとプロゲステロンレセプターは陰性で,MIB-1陽性率は平均0.3%であった.治療は肺全摘術1例,肺葉切除術2例,レーザー照射3例,鉗子摘除が8例に施行され,予後は良好 …
  • NAID 130002060204
  • グルココルチコイド過剰暴露による神経前駆細胞のカルデスモン発現亢進を介した大脳皮質形成障害

関連リンク

カルデスモンは平滑筋細胞および非筋細胞の収縮を調節している収縮制御タンパクです。カルデスモンには、主に平滑筋細胞に発現している分子量 120~150kD の h -カルデスモンと、非筋細胞に発現している分子量 70~80kD の l ...
カルモジュリンは、カルデスモン・アクチンバインディングプロテイン(ABP)系を通じてアクチンフィラメントの動態をカルシウム依存的に制御する。すなわち、カルシウム存在下ではカルモジュリンはカルデスモンと結合してアクチン ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元カルモジュリン結合タンパク質」「caldesmon
関連記事スモン

カルモジュリン結合タンパク質」

  [★]

calmodulin-binding protein
カルデスモン


caldesmon」

  [★]

カルデスモン

calmodulin-binding protein


スモン」

  [★]

SMON
キノホルム

概念

  • 特定疾患治療研究事業に指定されている難病である
  • キノホルムの服用により発症する

参考

  • 1. スモン - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/280




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡