カルコフロール染色

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • イネいもち病菌に及ぼすイソプロチオランの影響 : (I) プロトプラストの細胞壁再生
  • 石崎 寛,矢島 明,河野 満,久能 均
  • 日本植物病理學會報 49(4), 471-480, 1983-09-25
  • イネいもち病菌々糸から調製したプロトプラストの細胞壁再生過程に及ぼすイソプロチオラン (IPT) の影響を位相差, 螢光, 電子顕微鏡によって検討した。IPTの有無にかかわらず, プロトプラストは再生処理後2時間以内に出芽状の分裂を始め, 以後同様の分裂をくり過し, 連鎖状の膨潤細胞群となった。対照区では, 8時間までにこの細胞群から糸状の菌糸が伸長し始め, 24時間までに約50%のプロトプラスト …
  • NAID 110002742679

関連リンク

カルコフロール染色試料の螢光顕微鏡観察は, IPT の有無にかかわらず, 細胞分裂に 先立って細胞壁成分が沈着することを示唆した。電子顕微鏡観察によると, 対照区では 高電子密度の粒子状の壁成分が再生処理後2時間以内に細胞膜外表面に沈着し始め, ...


★リンクテーブル★
関連記事染色

染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡