カリフラワーモザイクウイルス

出典: meddic

cauliflower mosaic virus, CaMV
カリモウイルス


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/11 13:22:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

カリフラワーモザイクウィルス (CaMV) は, コマツナ) ハクサイなどのアプラナ科植物を 宿主と し, 二本鎖DNA をゲ. ノムとする植物ウイルスで ... ウイルスの遺伝子産物の機能 の解析を行う上でプロ トプラス ト系の利用は極めて有効な ...
【ベストアンサー】カリフラワーモザイクウイルス(CaMV)の35Sプロモーターは、 植物において恒常的高発現をする。 その為、植物細胞内で導入した遺伝子を発現させるために便利。 ウイルス ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元カリモウイルス」「cauliflower mosaic virus」「CaMV
関連記事ウイルス」「モザイク

カリモウイルス」

  [★]

Caulimovirus
カリフラワーモザイクウイルス


cauliflower mosaic virus」

  [★]

  • カリフラワーモザイクウイルス
Caulimovirus


CaMV」

  [★] カリフラワーモザイクウイルス

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




モザイク」

  [★]

mosaic
混倍数性 mixoploidy
キメラ


  • 同じ人の体の何に、遺伝形質または染色体の数や構造の異なった2種類以上の細胞が存在場合を指す。受精卵の卵割の初期に、染色体の不分離現象が起きた結果生じる (EPT.99)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡