カリウムチャネル

出典: meddic

potassium channel
カリウムイオンチャネル potassium ion channelK+チャネルKチャネル




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/19 14:13:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 心血管系疾患におけるNOX1/NADPHオキシダーゼの役割
  • てんかんとイオンチャネルの機能異常
  • 1%セボフルラン6時間曝露はヒト大腸がん細胞株において増殖能を亢進する

関連リンク

図1.カリウムチャネルの二次構造、結晶構造、ドメイン配置 2TM型の内向き整流性カリウムチャネル、4TM型のtwo-pore domainカリウムチャネル、6TM型の電位依存性カリウムチャネル・カルシウム活性化カリウムチャネルαサブユニットの二次 ...
機能 [編集] カリウムチャネルは、ニューロンのような活発な細胞で活動電位と静止電位(いずれも活動電位を参照)を調節している。心筋のカリウムチャネルがうまく活動電位を調節できなくなった場合、心不全などを起こす可能性が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みpotassium ion channel
リンク元カリウム漏洩チャネル」「Kチャネル」「カリウムチャンネル」「K+ channel」「K channel
拡張検索小コンダクタンスカリウムチャネル」「Gタンパク質共役型内向き整流性カリウムチャネル」「ATP依存性カリウムチャネル」「ATP感受性カリウムチャネル
関連記事カリウム」「チャネル

potassium ion channel」

  [★]

potassium channel

カリウム漏洩チャネル」

  [★]

potassium leak channel
カリウムチャネル


参考

  • 1. Potassium leak channels and the KCNK family of two-P-domain subunits.
PMID 11256078
  • 2. News Brief: Structures Solved for K2P Potassium “Leak” Channels. A first look at two-pore-domain channels
[display]http://www.painresearchforum.org/news/13498-news-brief-structures-solved-k2p-potassium-%E2%80%9Cleak%E2%80%9D-channels


Kチャネル」

  [★]

K+ channelK channel
カリウムチャネルカリウムチャンネルK+チャネル


カリウムチャンネル」

  [★]

potassium channelK+ channel
カリウムチャネルKチャネルK+チャネル

K+ channel」

  [★]

カリウムチャネルK+チャネルKチャネル

K channelpotassium channel

K channel」

  [★]

K+ channelpotassium channel

小コンダクタンスカリウムチャネル」

  [★]

SK channel
SKチャネル小コンダクタンスカルシウム活性化カリウムチャネル

Gタンパク質共役型内向き整流性カリウムチャネル」

  [★]

G protein-coupled inwardly-rectifying potassium channelGIRK channel
GIRKチャネル


ATP依存性カリウムチャネル」

  [★]

KATP channel
ATP感受性カリウムチャネルKATPチャネル


ATP感受性カリウムチャネル」

  [★] ATP感受性Kチャネル


カリウム」

  [★]

potassium
K+
高カリウム血症低カリウム血症腎 Kと酸塩基平衡の異常
  • 植物の灰(pot-ash)が由来らしい
  • アルカリ金属
  • 原子番号:19
  • 原子量:39.10

カリウム濃度を調節する要素

PT.481-482
  • 血液のpH
血中K+が細胞内、細胞内H+が細胞外へ移動→低カリウム血症、K排泄↑
血中H+が細胞内、細胞内K+が細胞外へ移動→高カリウム血症、K排泄↓
  • 接合尿細管、集合管でK排泄↑
レニン・アンジオテンシン系の亢進 or 細胞外K+濃度の上昇 のいずれかにより副腎皮質からアルドステロンが放出される
Na/H交換体、Na-K-2Cl共輸送体、Na/K-ATPaseを活性化。
  • β2受容体を介してKの取り込みを促進。Na-Kポンプの活性化による。

例外

水・電解質と酸塩基平衡 改訂第2版 p.153
  • 水素イオンと共に投与される陰イオンが細胞内に移行しうる場合、電気的中性は保たれるのでカリウムイオンは細胞外に移動しない。
  • (細胞内に移行する)乳酸イオン、酢酸イオン  ⇔ (細胞内に移行しない)塩素イオン

基準値

LAB
  • 3.4-4.5 mEq/l

パニック値

出典不明
  • 6 mEq/l(外来)
  • 7 mEq/l(入院)

尿細管での再吸収・分泌

QB.E-128
  • 再吸収  :近位尿細管、ヘンレループ
  • 分泌・吸収:集合管(QB.E-128)、遠位尿細管(QB.E-130)、皮質集合管の主細胞(参考1)

調節するファクター

  • 1. アルドステロン
  • 2. 集合管に到達するナトリウムイオン:集合管では能動的にナトリウムが再吸収されるが、電気的中性を保つために受動的にカリウムが管腔側に移動する。(参考1)

臨床関連

  • 尿中カリウムの異常
  • 低カリウム血症
  • 尿中カリウム < 20mEq/L:腎外性喪失
  • 尿中カリウム > 40mEq/L:腎性喪失

参考1

  • 1. [charged] Pathophysiology of renal tubular acidosis and the effect on potassium balance - uptodate [1]




チャネル」

  [★]

channel
チャンネル





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡