カムレートゥング

出典: meddic

Kammrötung
稜線状発赤櫛状発赤
表在性胃炎表層性胃炎


関連リンク

用語の使い方・使われ方 Kammrotung(カムレートゥング ) 小越 和栄 ※ 1 ※1 県立がんセンター新潟病院内科 Kammrotungはドイツ語で,消化器内視鏡用語集には“胃の長軸に平行に走る発赤で,一般にひだの頂上に みられる”と記載 ...
Kammrotung(カムレートゥング)はドイツ語で,消化器内視鏡用語集には“胃の長軸に平行に走る発赤で,一般にひだの頂上にみられる"と記載されている.従来これは“櫛状発赤”とか“線状発赤”と呼ばれていたが,Kammは“櫛 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元表在性胃炎」「稜線状発赤」「線状発赤

表在性胃炎」

  [★]

superficial gastritis
gastritis superficialis
表層性胃炎カタル性胃炎, catarrhal gastritis
萎縮性胃炎急性胃炎慢性胃炎カムレートゥング



稜線状発赤」

  [★] カムレートゥング


線状発赤」

  [★] カムレートゥング




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡