カプリン酸

出典: meddic

capric acidcaprate
デカン酸エステルデカン酸カプリン酸エステル

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/16 12:50:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 加熱誘導卵白アルブミンゲルの形成に及ぼす乳α-カゼインおよびカプリン酸ナトリウム添加の影響
  • 太田 尚子,遠藤 茉里,澤木 心美 [他],岸川 めぐみ
  • 日本食品科学工学会誌 61(5), 183-191, 2014
  • … 下で特徴ある物性を有するゲル状凝集体をつくり得ることが判った.また,この混合タンパク質の試料溶液を調製するにあたり,脂肪酸塩の添加がより均質なサスペンジョンを調製する上で効果的であった.カプリン酸ナトリウム添加のα-CN/OVA混合システムは,OVAに比べ加熱処理の過程でより緩やかな相転移現象を経てゲル化に至り,結果的にこれまでのOVAゲルとは異なる新規なテクスチャーをもつことが示唆された. …
  • NAID 130004488677
  • テルピネン-4-オールと中鎖脂肪酸カプリン酸の併用によるCandida albicansの菌糸形発育阻止作用とマウス口腔カンジダ症への治療効果
  • 二宮 健太郎,羽山 和美,石島 早苗 [他]
  • 薬学雑誌 133(1), 133-140, 2013
  • NAID 40019556124
  • P-091 マウス口腔カンジタ症に対するカプリン酸とジンジャー精油の併用効果(一般演題(ポスター発表),生態と進化から考える医真菌学)
  • 高橋 美貴,羽山 和美,井上 重治,安部 茂
  • 日本医真菌学会総会プログラム抄録集 53, 86, 2012-11-10
  • NAID 110009640526

関連リンク

カプリン酸(カプリンさん、capric acid)は化学式 CH 3 (CH 2) 8 C(=O)OH で表される、脂肪酸の一種である。IUPAC系統名はデカン酸 (decanoic acid) である。 有機合成や、香料、潤滑剤、グリース、ゴム、染料、合成繊維 ...
デジタル大辞泉 - カプリン酸の用語解説 - 《capric acid》炭素数10個の直鎖状の飽和脂肪酸。椰子油など多くの油脂中に含まれる。酸敗臭をもつ白色の針状結晶。水にほとんど溶けない。化学式CH3(CH2)8OH

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元カルボン酸」「デカン酸」「caprate」「capric acid」「デカン酸エステル
拡張検索カプリン酸エステル
関連記事リン」「プリン」「

カルボン酸」

  [★]

carboxylic acid


カルボン酸の一覧

飽和脂肪酸
炭素数 慣用名 IUPAC名 化学式 備考
1 ギ酸 メタン酸 HCOOH アリ、ハチの毒
2 酢酸 エタン酸 CH3COOH
3 プロピオン酸 プロパン酸 CH3CH2COOH
4 酪酸 ブタン酸 CH3(CH2)2COOH 油脂が腐敗した臭い
5 吉草酸 ペンタン酸 CH3(CH2)3COOH
6 カプロン酸 ヘキサン酸 CH3(CH2)4COOH
7 エナント酸 ヘプタン酸 CH3(CH2)5COOH
8 カプリル酸 オクタン酸 CH3(CH2)6COOH
9 ペラルゴン酸 ノナン酸 CH3(CH2)7COOH
10 カプリン酸 デカン酸 CH3(CH2)8COOH
12 ラウリン酸 ドデカン酸 CH3(CH2)10COOH ココナッツ油
14 ミリスチン酸 テトラデカン酸 CH3(CH2)12COOH
16 パルミチン酸 ヘキサデカン酸 CH3(CH2)14COOH
17 マルガリン酸 ヘプタデカン酸 CH3(CH2)15COOH
18 ステアリン酸 オクタデカン酸 CH3(CH2)16COOH



デカン酸」

  [★]

decanoic aciddecanoate
カプリン酸デカン酸エステル



caprate」

  [★]

  • カプリン酸、(化合物)プリン酸エステル
capric acid


capric acid」

  [★]

カプリン酸

capratedecanoatedecanoic acid


デカン酸エステル」

  [★]

decanoate
カプリン酸デカン酸


カプリン酸エステル」

  [★]

caprate
カプリン酸


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






プリン」

  [★]

purine
[[7H-イミダゾ[4,5-d]ピリミジン]] [[7H-imidazo[4,5-d]pyrimidine]],プリン塩基 purine base
ピリミジンアデニングアニン


  • ピリミジン環とイミダゾール環との縮合環からなる複素環式化合物
  • プリン核を持つ塩基性化合物がプリン塩基



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡