カナー

出典: meddic

Kanner



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 国際税制研究 医療の提供に係る付加価値税(GST)の適用(1)カナ

関連リンク

カナー症候群とは、主に、知的障害を伴う自閉症をさします。 ... 自閉症ってなあに?|とってもわかりやすい自閉症のページ:自閉症という障害について、できるだけわかりやすく書いてみました。
自閉症を語るときに、必ず登場するのが、レオ・カナーとハンス・アスペルガー。それぞれ同時期に書いた論文が、そもそも自閉症研究のはじまりということは有名です。しかし、当時、英語で書かれたカナーの論文が広く受け入れられ ...

関連画像

カナート - Qanat骨盤カナーバンド 穴あきカナートに対する今後の展望カナートを見学できる場所に 中古】カナーリ CANALI レザー イズミヤ店舗からのお知らせ

添付文書

薬効分類名

  • 経口用セフェム系抗生物質製剤

販売名

エリカナールカプセル250

組成

1カプセル中の有効成分:

  • セファクロル・・・・・250mg(力価)

添加物:

  • トウモロコシデンプン、デンプングリコール酸Na、ラウリル硫酸Na、ステアリン酸Mg
    カプセル本体:赤色3号、青色1号、酸化チタン、ラウリル硫酸Na、ゼラチン

禁忌

本剤の成分によるショックの既往歴のある患者

効能または効果

適応菌種

  • 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌

適応症

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、麦粒腫、中耳炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、猩紅熱

通常、成人及び体重20kg以上の小児に対しては、セファクロルとして1日750mg(力価)を3回に分割して経口投与する。
重症の場合や分離菌の感受性が比較的低い症例に対しては、1日1500mg(力価)を3回に分割して経口投与する。
なお、年齢、体重、症状等に応じて適宜増減する。

本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

慎重投与

ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者

  •  

本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者

  •  

高度の腎障害のある患者

  • [血中濃度が持続するので、投与量を減らすか、投与間隔をあけて使用すること。]

経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者

  • [ビタミンK欠乏症状があらわれることがあるので観察を十分に行うこと。]

高齢者

  • (「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状:

(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、喘鳴、全身潮紅、浮腫等)を起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

急性腎不全:

(頻度不明)

  • 急性腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少:

(頻度不明)

  • 汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

偽膜性大腸炎:

(頻度不明)

  • 偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎があらわれることがある。腹痛、頻回の下痢があらわれた場合には、直ちに投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群):

(頻度不明)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

間質性肺炎、PIE症候群:

(頻度不明)

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多等を伴う間質性肺炎、PIE症候群等があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸:

(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-Pの著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

  • 白色〜黄白色の結晶性の粉末である。水又はメタノールに溶けにくく、NN-ジメチルホルムアミド又はエタノール(99.5)にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
拡張検索カナール・スミス症候群」「カナー症候群」「エンド-1,3(4)β-グルカナーゼ

カナール・スミス症候群」

  [★]

Canale-Smith syndrome
Canale-Smith症候群
[show details]


カナー症候群」

  [★]

Kanner's syndrome, Kanner syndrome
早期幼児自閉症 early infantile autism, 自閉性障害 autistic disorder
自閉症、広汎発達障害


エンド-1,3(4)β-グルカナーゼ」

  [★]

endo-1,3(4)-beta-glucanase




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡