カドヘリンスーパーファミリー

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ニューロンにおけるカドヘリンスーパーファミリーの相互作用 (タンパク質間相互作用)
  • 平林 敬浩,八木 健
  • 生体の科学 58(5), 480-482, 2007-09
  • NAID 40015662444
  • 平面内細胞極性--グローバルな非対称性と単一細胞レベルの極性化を結ぶロバストなシステム (発生システムのダイナミクス) -- (細胞の極性,振舞い)
  • 碓井 理夫,上村 匡
  • 蛋白質核酸酵素 50(6), 601-607,494, 2005-05
  • NAID 40006738964

関連リンク

カドヘリンスーパーファミリー: homophilicに作用。 クラシックカドヘリン: アドヘレンス・ ジャンクションの形成と維持に関与。 プロトカドヘリン: 神経細胞の結合に関与 デスモ グレイン: デスモソームの形成と維持に関与。 インテグリンファミリー: 細胞-マトリックス ...
カドヘリン (Cadherin) は細胞表面に存在する糖タンパク質の一群で、細胞接着を つかさどる分子であり、動物の胚発生に重要な役割を果たす。 ... ECドメインをもつ分子 は脊椎動物ゲノム中に120個ほど見いだされ、カドヘリンスーパーファミリーと呼ばれて いる。

関連画像

カドヘリンスーパーファミリーDownload]図1.クラッシックカドヘリン /プロトカドヘリンファミリー


★リンクテーブル★
関連記事リン」「ファミリ」「リンス」「ファミリー」「カドヘリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ファミリ」

  [★]

family
家族系統群親戚ファミリー


リンス」

  [★]

rinsingrinserinse
水洗すすぐすすぎ


ファミリー」

  [★]

family
家族系統群ファミリ


カドヘリン」

  [★]

cadherin
接着分子





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡