カテニン

出典: meddic

catenin

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/06 00:09:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 研究・症例 完全内臓逆位を伴う肺癌の剖検例
  • Wnt/βカテニンシグナルと細胞間コミュニケーション (AYUMI 細胞競合の基本原理とその破綻)
  • 生命機能を支えるメカノセンシング 接着構造/細胞骨格のメカノセンシング

関連リンク

それぞれのカテニン分子のタンパク質発現については、UniGeneの中のEST(expressed sequence tag)を用いて調べた。mRNA相対発現量のプロファイルにおいてゼロと報告されているもののみについて発現がみとめられないと記載した。
カテニンによるカドヘリンの機能制御 要旨 カドヘリンは膜貫通型の細胞間接着分子である。その細胞内領域は複数あるカドヘリンのサブタイプ間で高度に保存されていて、カテニンと総称される分子と相互作用することが知られている。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 合成カルシトニン誘導体製剤

販売名

エカテニン筋注20単位

組成

成分・分量

  • 1管1mL中 日局エルカトニン20単位

添加物

  • 緩衝剤(2成分)、等張化剤、pH調整剤

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

  • 骨粗鬆症における疼痛


  • 通常、成人には1回エルカトニンとして20エルカトニン単位を週1回筋肉内注射する。


慎重投与

  • 発疹(紅斑、膨疹等)等の過敏症状を起こしやすい体質の患者
  • 気管支喘息又はその既往歴のある患者[喘息発作を誘発するおそれがある。]


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

         頻度不明
  • ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、血圧低下、気分不良、全身発赤、蕁麻疹、呼吸困難、咽頭浮腫等の症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

テタニー

         頻度不明
  • 低カルシウム血症性テタニーを誘発することがあるので、症状があらわれた場合には投与を中止し、注射用カルシウム剤の投与等適切な処置を行うこと。

喘息発作

         頻度不明
  • 喘息発作を誘発することがあるので、観察を十分に行い、症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
    (「慎重投与」の2.の項参照)

肝機能障害、黄疸

         頻度不明
  • AST(GOT)、ALT(GPT)、ALPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • エルカトニン(JAN)
    Elcatonin(r-INN)

化学名

  • 1-butyric acid-7-(L-2-aminobutyric acid)-26-L-aspartic acid-27-L-valine-29-L-alaninecalcitonin(salmon)

分子式

  • C148H244N42O47

分子量

  • 3363.77

性 状

  • 本品は白色の粉末である。
    本品は水に極めて溶けやすく、エタノール(95)に溶けやすくアセトニトリルにほとんど溶けない。
    本品は吸湿性である。
    本品の水溶液(1→500)のpHは4.5〜7.0である。


★リンクテーブル★
拡張検索γカテニン」「γ-カテニン」「α-カテニン」「β-カテニン

γカテニン」

  [★]

gamma-catenin
プラコグロビンγ-カテニン


γ-カテニン」

  [★]

gamma-catenin
γカテニン


α-カテニン」

  [★]

alpha-catenin
αカテニン


β-カテニン」

  [★]

beta-catenin
βカテニン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡