カダベリン

出典: meddic

cadaverine

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/22 23:04:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 4Dp02 コリネ型細菌を用いた糖を原料とするカダベリンの生産(発酵生理学,発酵工学,一般講演)
  • 岡井 直子,Niba Emma,仲山 英樹,松田 史生,萩野 千秋,近藤 昭彦
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 64, 205, 2012-09-25
  • NAID 110009609963
  • 偏性嫌気性細菌Selenomonas ruminantiumの表層膜安定化機構 : 細胞壁結合型カダベリンの分子機能並びにその合成・制御系
  • 児島 征司,神尾 好是
  • ビタミン 86(1), 1-12, 2012-01-25
  • Polyamine is a small organic-polycation exists in all living organism, being implicated in wide variety of biological reaction, and is essential for proper growth of the organisms. It generally exists …
  • NAID 110009327876
  • きのこにおける2-フェニルエチルアミン(β-フェネチルアミン)の検出と分布 : きのこのポリアミン分析IV
  • 浜名 康栄,林 秀謙,新津 勝 [他],江口 文陽
  • 日本きのこ学会誌 : mushroom science and biotechnology 19(3), 125-131, 2011-10-31
  • … 規に分析した33種を含む72種(子嚢菌門の3種,担子菌門69種)であった.芳香族アミンである2-フェニルエチルアミン(β-フェネチルアミン)がニクウチワタケ,カバイロツルタケ,オオヒメノカサ,フクロタケの4種に検出された.きのこにおける2-フェニルエチルアミンの存在に関する最初の報告である.Boletus属とAuricularia属でのホモスペルミジンとカナバルミンの分布と広範囲の属でのアグマチンやカダベリンの存在を追加確認した. …
  • NAID 110009479697

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - カダベリンの用語解説 - 化学式 H2N(CH2)5NH2 。蛋白質の腐敗によって生じるプトマイン中に存在するジアミノ化合物で,特異臭のある強塩基性の無色の液体。沸点 178~181 。
カダベリン (cadaverine) は化学式 H 2 N(CH 2) 5 NH 2 で表される構造を持つジアミンである。アミノ酸・リシンが脱炭酸することによって生成する。名称は「死体のような」を意味する英語形容詞 "cadaverous" に由来する。 動物の体組織が腐敗 ...

関連画像

への応急処置。根が疲弊する リシンの生合成過程リシン(Lysine) - 機能性食品 あずき根粒組織中に含まれる  中のカダベリンとヒスタミン 側から 供給 される カダベリン


★リンクテーブル★
リンク元cadaverine」「1,5-ジアミノペンタン
関連記事リン」「ベリン

cadaverine」

  [★]

カダベリン

WordNet   license wordnet

「a colorless toxic ptomaine with an unpleasant odor formed during the putrefaction of animal tissue」

1,5-ジアミノペンタン」

  [★]

1,5-diaminopentane
カダベリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ベリン」

  [★]

炭酸水素ナトリウム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡