カタラーゼ

出典: meddic

catalase
[[]]



概念

2H2O2 → 2H2O +O2
  • あらゆる好気的生物に存在し、過酸化水素を分解する。


カタラーゼ陽性細菌

  • カタラーゼ陽性細菌:サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、大腸菌、緑膿菌、クレブシエラ → 殺菌できない
  • カタラーゼ陰性細菌:肺炎球菌、溶連菌


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/29 07:18:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • カタラーゼによる皮膚の光ストレスの評価
  • 伊達 朗,佐々木 誠,嶋倉 知希,山口 昌樹
  • ライフサポート = / the Society of Life Support Technology [編] 22(3), 119-124, 2010-09-05
  • NAID 10029238423
  • カタラーゼ抑制剤によるDIP過酸化水素漂白の効率化
  • 吉津 正毅,角 幸嗣
  • 紙パ技協誌 64(1), 55-58, 2010-01-01
  • NAID 10026214517
  • 毛穴の開大と角層のカルボニル化タンパクおよびカタラーゼ活性との関係
  • 山下 由貴,大林 恵,岡野 由利 [他]
  • 日本化粧品技術者会誌 44(3), 216-222, 2010
  • NAID 40017329367

関連リンク

カタラーゼ(catalase)は、過酸化水素を不均化して酸素と水に変える反応を触媒する 酵素。ヘムタンパク質の一種であり、プロトヘムを含んでいる。 過酸化水素の発見者で あるフランスの化学者ルイ・テナール(1818年に発見)は、カタラーゼとして知られるある 種 ...
無カタラーゼ症 (むカタラーゼしょう、Acatalasiaまたはacatalasemia) とは、体内中の カタラーゼが不足し、過酸化水素が分解できなくなる病気。高原氏病(Takahara's disease)とも呼ばれる。 先天性の遺伝的酵素欠損の代表例で、常染色体性劣性遺伝 病の一 ...

関連画像

カタラーゼ試験 南九州ラボ 究極のオプティマルヘルスは カタラーゼ酵素が過酸化水素を 高速反応性カタラーゼの製造 図4 Hfqとカタラーゼ複合体の カタラーゼの構造 4つの カタラーゼ試験結果。 勢い カタラーゼは、SODと共同して


★リンクテーブル★
リンク元細菌の鑑別」「嫌気性菌」「腸球菌属」「ペルオキシソーム」「catalase
拡張検索カタラーゼ試験」「無カタラーゼ症」「低カタラーゼ血症
関連記事タラ

細菌の鑑別」

  [★]

細菌

グラム陽性菌の鑑別 LAB.994

菌種 形態 抗酸性 芽胞 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖分解 OF試験
Micrococcus C D O/-
Staphylococcus C F
Aerococcus C W W/- F
Streptococcus C +/- F
Pediococcus C. F
Gemella
嫌気性球菌*1 C +/- F/-
Kurthia R
Corynebacterium R +/- F/-
Listeria R F
Erysipelothnx R       F
Lactobacillus                    
Arachnia*2                    
Rothia R F
Propiombacterium R . F
Achnomyces R F
Bifidobacterium                    
Eubacterium R . +/- F/-
Clostndium R <+> D D F/-
Bacillus R <+> D D d D F/O/-
Nocardia R W O
Mycobacterium R . O/NT
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌

グラム陰性菌の鑑別 LAB.995

(再編集の時に-*に注意)
菌種 形態 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖(酸) OF試験
Bacteroides R d D F/-
Veillonella C D
Neissena C O
Branhamella C
Acinetobacter C/R O
Moraxella R    
Brucella
Bordetella
Chromobacterium lividum R O
Alcahsenes R
Flavobacterium R O
Pseudomonas R O
Actinobacillus R F
Pasteurella
Necromonas
Cardiobacterium R F
Chromobacterium violaceum                
Beneckea R F
Vibrio
Plesiomonas
Aeromonas
腸内細菌 R D F
Haemophilus R D D NT
Eikenella R -*
Campylobacter R -+1 D
Streptobacillus+2 R F
マイコプラズマ
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌 ・: 不明 *: 空気中では発育せず。空気CO2で発育。+1: 好気的または嫌気的には発育せず。5-6%O2中で発育。+2: あるいはShigella dysenteriae 1

嫌気性菌」

  [★]

anaerobic bacterium anaerobic bacteria, anaerobe anaerobes, anaerobic bacteria
anaerobie
細菌好気性菌嫌気性培養法

概念

  • 酸素の存在しないところで増殖する細菌。
  • 酸素が存在していても酸化還元電位(Eh)が低い状態では増殖可能 → 還元的な環境(人体でいうと腸管、膿瘍などの閉鎖環境)
  • 発酵によりエネルギーを得ている。
  • 酸素、酸化物、および過酸化物をハンドリングする酵素を持たない:シトクロム系酵素、カタラーゼスーパーオキシドジスムターゼ

分類


臨床

嫌気性菌感染を考慮すべき病態、疾患

嫌気性菌をカバーする抗菌薬


腸球菌属」

  [★]

Enterococcus
Enterococcusエンテロコッカス
腸球菌腸球菌属Enterococcus属、エンテロコックス、エンテロコッカス属、エンテロコックス属


概念

腸球菌属


ペルオキシソーム」

  [★]

peroxisome
peroxisoma
ミクロボディ ミクロボディー microbody
微小体グリコソーム


  • 細胞小器官
  • 肝細胞や腎尿細管細胞に多く、それ以外は少ない
  • 過酸化水素産生酵素とカタラーゼが存在
  • 機能:有害物質を酸化することにより無毒化する。


catalase」

  [★] カタラーゼ

WordNet   license wordnet

「enzyme found in most plant and animal cells that functions as an oxidative catalyst; decomposes hydrogen peroxide into oxygen and water」


カタラーゼ試験」

  [★]

カタラーゼ


無カタラーゼ症」

  [★]

acatalasiaacatalasemia
無カタラーゼ血症

低カタラーゼ血症」

  [★]

hypocatalasemia
無カタラーゼ血症

タラ」

  [★]

cod
タラ目




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡