カケクチン

出典: meddic

TNF-α

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 主要なカケクチンは宿主側因子ではなく, 腫瘍組織が産生する糖蛋白質であった
  • カケクチンとしてのTNF (TNF(tumor necrosis factor)の生物学的作用<特集>)

関連リンク

医療関係者向けの無料会員制サイト「M-Review(エムレビュー)」。豊富な専門情報、医学雑誌のレビュー記事がオンラインで閲覧可能。医療書籍の専門出版社、メディカルレビュー社
... にみられ、がん患者の衰弱を促進する悪液質(cachexia)を誘導する物質として発見されたカケクチンも遺伝子クローニングの結果、TNF αと同じ物質であることが判明し、その副作用が問題になって、がんの治療薬としてはまだ成功 ...
Project/Area Number 63570306 Research Category Grant-in-Aid for Scientific Research (C) Research Field 内科学一般 Research Institution Research Institute, International Medical Center of Japan Principal Investigator 川上 正舒 国立病院医療センター, 臨床研究部, 室長 (40161286)

関連画像

用語解説 TNF-α/カケクチン


★リンクテーブル★
リンク元TNF-α
関連記事クチン

TNF-α」

  [★]

tumor necrosis factor-α TNFα, tumor necrosis factor-alpha TNF-alpha
腫瘍壊死因子αカケクチン cachectin
サイトカイン
腫瘍壊死因子 tumor necrosis factor TNF

概念

  • 活性化マクロファージなどが産生する抗腫瘍性サイトカイン

作用

  • 発熱作用
視床下部に作用



クチン」

  [★]

cutin
角皮素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡