カケクチン

出典: meddic

TNF-α

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 主要なカケクチンは宿主側因子ではなく, 腫瘍組織が産生する糖蛋白質であった
  • カケクチンとしてのTNF (TNF(tumor necrosis factor)の生物学的作用<特集>)

関連リンク

腫瘍壊死因子(TNF)は1980年中期から90年にかけて出願が多かったが、その後急減 している。TNFは当初「奇跡の抗癌剤」として注目されたが、その後この物質は癌末期の 患者に衰弱をもたらすカケクチンと同一の物質と判明し、現在では冷静な研究にもどっ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元TNF-α
関連記事クチン

TNF-α」

  [★]

tumor necrosis factor-α TNFα, tumor necrosis factor-alpha TNF-alpha
腫瘍壊死因子αカケクチン cachectin
サイトカイン
腫瘍壊死因子 tumor necrosis factor TNF

概念

  • 活性化マクロファージなどが産生する抗腫瘍性サイトカイン

作用

  • 発熱作用
視床下部に作用



クチン」

  [★]

cutin
角皮素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡