カクテル麻酔

出典: meddic

cocktail anesthesia
人工冬眠 artificial hibernation induced hibernation
遮断カクテル


和文文献

  • カクテル麻酔使用経験

関連リンク

陣痛の早い段階から麻酔を使う場合と、陣痛がかなり進行してから(赤ちゃんが生れる 少し前から)使う場合があり、痛みの感じ方が違う。 ●全身麻酔:母親の意識がない 状態で出産する。赤ちゃんが生まれる感覚はわからない。 ●カクテル麻酔:いくつかの 麻酔 ...
麻酔分娩には、カクテル麻酔と硬膜外麻酔があります。 計画分娩は予定日が過ぎても 兆候がないなどの要因がない場合は現時点では行っていません。 ※立会い分娩は 安産の場合は可能ですが事前にお知らせください。立会い分娩中に具合が悪くなる旦那 さん ...

関連画像

なかった 1~2:わずかに エセリスカクテル,くま治療  アイリペアカクテル注入後2週んで、麻酔きくまで30ふん  麻酔なしで頬のたるみやシワを リフトアップカクテルを考案

添付文書

薬効分類名

  • 歯科用局所麻酔剤

販売名

ジンジカインゲル20%

組成

  • 本剤は、100g中 日局アミノ安息香酸エチル20.0gを含有する。添加物としてサッカリンナトリウム、マクロゴール4000、マクロゴール400、黄色203号、香料を含有する。

禁忌

  • 本剤の成分又は安息香酸エステル系局所麻酔剤に対して、過敏症の既往歴のある患者。
  • メトヘモグロビン血症のある患者[症状が悪化する恐れがある。]

効能または効果

  • 歯科領域における表面麻酔
  • 本剤を適量とり局所に塗布する。

重大な副作用

ショック

  • 徐脈、不整脈、血圧降下、呼吸抑制、チアノーゼ、意識障害等を生じ、まれに心停止を来すことがある。観察を十分に行い、この様な症状が現れた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

意識障害、振戦、痙攣

  • 意識障害、振戦、痙攣等の中毒症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、この様な症状が現れた場合には、直ちに投与を中止し、呼吸を維持し、酸素を十分投与することが重要である。必要に応じて人工呼吸を行う。振戦や痙攣が著明であれば、ジアゼムパム又は超短時間作用型バルビツール酸製剤(チオペンタールナトリウム等)を投与する。心肺機能に対しては、カテコールアミン等の昇圧剤を投与する。心停止を来した場合には直ちに心マッサージを開始する。

薬効薬理

表面麻酔作用

  • 神経幹には効果なく、神経末梢部に作用し粘膜及び表皮剥離部の知覚神経を麻痺する作用がある。表面麻酔作用についての動物実験(モルモット)で表面麻酔作用が確認されている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アミノ安息香酸エチル   別名 ベンゾカイン

化学名

  • ethy1 4-aminobenzoate

CAS No.

  • 94-09-7

分子式

  • C9H11NO2

分子量

  • 165.19

融点

  • 89〜91℃

性状

  • 本品は、白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、味はやや苦く、舌を麻痺する。本品は、エタノール又はエーテルに溶けやすく、水に極めて溶けにくい。本品は、希塩酸に溶ける。


★リンクテーブル★
先読みartificial hibernation」「induced hibernation
リンク元人工冬眠
関連記事麻酔」「カクテル

artificial hibernation」

  [★]

induced hibernationinduced hypothermia


induced hibernation」

  [★]

artificial hibernation

人工冬眠」

  [★]

artificial hibernationinduced hibernation
低体温療法カクテル麻酔


麻酔」

  [★]

anesthesia
麻酔機、術前準備


全身麻酔

1. Semi-rapid induction (成人の場合の基本)

  • (a) モニター装着,静脈確保.
  • (b) propofol( 2 mg/kg )remifentanil( 0.5 μg/kg/min )で入眠.
  • (c) rocuronium( 0.6 mg/kg )で筋弛緩.
  • (d) 100%酸素でBag & Mask
  • (e) 麻酔が深くなったら気管挿管.

目的別の麻酔方法

  • 心臓手術:on-pump CAB, off-pump CAB
  • 肺手術:一側肺換気
  • 産科麻酔:筋弛緩薬以外は胎盤を通過すると考えて良いと思われる。硬膜外麻酔でオピオイドを投与するのは分娩後。
  • 帝王切開術:脊髄くも膜下麻酔 

参考

  • 1. 研修医用のマニュアル - 神戸大学大学院医学系研究科 外科系講座 麻酔科学分野
http://www.med.kobe-u.ac.jp/anes/manual.html
  • 2. 麻酔科レジデントマニュアル 麻酔応用編 筑波大学附属病院麻酔科 2011 年ver.1.4
[display]http://www.md.tsukuba.ac.jp/clinical-med/anesthesiology/tsukuba_new_anesthesiology/pdf/manual3advanced110325.pdf



カクテル」

  [★]

cocktail
混合物反応混液




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡