カインド-キング法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ALPの測定方法には、主なものでKind-King法、Bessey-Lowry法、GSCC法、SSCC 法、JSCC法の5種類がある。自動分析装置の測定にはGSCC法以下の測定方法が 適しているため、現在ではこれらの3つの方法の内のいずれかが用いられることが多い 。
アルカリホスフーゼ(ALP)は,Kind-King法を一部改良して定量した 13).すなわち, 血清に加えたALPの基賃フェニルリン酸から遊離したフェノールを4-アミノアンチピリンと 縮合させて生じる赤色のキノン色素を比色定量してALP量を算定するものである.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「インド

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


インド」

  [★]

IndiaIndian
インディアンインド人




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡