カイニン酸

出典: meddic

kainic acid, kainate, digenic acid
acidum kainicum
カイニン酸受容体


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/14 19:05:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 原子レベルで見るカイニン酸型グルタミン酸受容体を制御する化合物の結合様式とその選択性
  • 海野 昌喜,佐々木 誠,酒井 隆一 [他]
  • 日本結晶学会誌 54(6), 338-344, 2012-12
  • NAID 40019560780
  • ニコチンおよびGTS-21によるa7ニコチン受容体を介した神経保護作用について--海馬切片培養系を用いた検討
  • 伊藤 嘉嗣,田中 佐知子,高橋 さやか [他]
  • 昭和大学薬学雑誌 2(1), 71-81, 2011-06
  • NAID 40018927419
  • カイニン酸投与に上るラット海馬歯状回でのNO産生動態および c-fos 発現の関連について
  • 塚本 亮一,北村 尚正,ロドリゲス カレン・ローラ,赤澤 友基,三留 雅人
  • 小児歯科学雑誌 48(2), 337, 2010-04-25
  • NAID 10027489893

関連リンク

カイニン酸受容体の分子構造は、他のイオンチャンネル型グルタミン酸受容体、中でも特にAMPA型グルタミン酸受容体と多くの共通点を有する [1]。アセチルコリン受容体、GABA受容体、グリシン受容体など他のイオンチャンネル型受容体 ...
カイニン酸(カイニンさん、Kainic acid)は、化学式C 10 H 15 NO 4 、分子量213.23のイミノ酸の1種である。別名[2S-(2α,3β,4β)]-2-カルボキシ-4-(1-メチルエテニル)-3-ピリリジン酢酸。CAS登録番号は487-79-6(無水物)、58002-62-3(一水 ...

関連画像

a カイニン酸0.05 gを氷酢酸5 mL カイニン酸型グルタミン酸 カイニン酸誘導発作後マウス カイニン酸 の構造カイニン酸n水和物|Kainic Acid 本品の化学名は(2 S ,3 S ,4 S )-3


★リンクテーブル★
リンク元ドーモイ酸」「マクリ
拡張検索カイニン酸受容体」「カイニン酸レセプター」「AMPA/カイニン酸受容体
関連記事

ドーモイ酸」

  [★]

domoate, domoic acid
カイニン酸受容体刺激薬、カイニン酸
  • カイニン酸受容体刺激薬

マクリ」

  [★]

digenea
海人草鷓鴣菜
カイニン酸


カイニン酸受容体」

  [★]

kainate receptor, kainic acid receptor, KA receptor
カイニン酸レセプターKA受容体
グルタミン酸受容体NMDA型受容体AMPA型受容体


カイニン酸レセプター」

  [★]

kainate receptorkainic acid receptor
カイニン酸受容体

AMPA/カイニン酸受容体」

  [★]

AMPA-kainate receptor
AMPA/カイニン酸レセプター


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡