オートスメア法

出典: meddic


和文文献

  • 自然尿細胞診標本の退色について
  • 今井 律子,夏目 園子,大池 里枝,田中 瑞穂,氏平 伸子,佐竹 立成
  • 日本臨床細胞学会雑誌 46(5), 262-265, 2007-09-22
  • NAID 110006532701

関連リンク

5 ③ピペット転がし法 沈渣をスライドガラス上におき、ピペットをガラス表面上で転がす。その後、 固定・染色する。(2)遠心直接塗抹法 オートスメア法、サイトスピン法 オートスメア・サイトスピン標本作製法 1.静置および遠心 ...
オートスメア法 † 遠沈した検体の沈渣を集め、再度上清で適当な濃度に希釈 遠沈用セルに注ぎ、1500rpmで5分遠沈 注意点…細胞数が多いと塗抹面が厚くなり見にくくなる up ↑ シンレイヤー法 † 原理…蛋白質の荷電を利用 up ↑ † Link: ...
スメア 採取部位 採取器具と方法 その他 膣プールスメア 後膣円蓋部 貯留している帯下を綿棒、綿球、木製へらを用いて採取 orピペットで吸引し塗抹 利点;内分泌学的な検査の他、子宮頸癌の発見に役に立つ 欠点:自然剥離してくる細胞 ...

関連画像

 オートスメア法にて標本作製ピペットによる塗抹.jpg集細胞法の違いが自然尿細胞診 細胞診検査短所: 時間の経過により細胞 沈渣の赤血球層が多い場合


★リンクテーブル★
関連記事

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡